健康医療学部

ABOUT

社会的ニーズの高い健康医療分野の
職業人をめざそう。

超高齢社会を迎えたわが国では、リハビリテーションへの対応や生活習慣病対策を中心に、健康や医療に関わる人材へのニーズが今後ますます高まってきます。例えば看護の現場では、医療技術の高度化に対応できる高い専門性を持つ看護師が増えてくるはずです。言語聴覚士の活躍の場は医療機関だけでなく福祉施設にも広がります。健康・運動科学と基礎医学の知識を併せ持つ人材は、企業、医療機関、行政機関などさまざまな分野で求められています。健康医療学部では、こうした人々の健康生活の実現に貢献できるスペシャリストを育成します。本学で学んだ学生が、医療・福祉・スポーツの分野で連携し、活躍してくれることを願っています。

学びの特色FEATURE

健康長寿社会を支える専門家へ

1

機能的な教育・研究設備

最新の教育・研究設備は新設の学部ならではの特長です。2015年に開設した京都太秦キャンパスにある看護学科や言語聴覚学科はもちろん、京都亀岡キャンパスの健康スポーツ学科にも先進的な設備を配置しています。

2

実習・演習の充実

看護学科と言語聴覚学科の実習先は、京都を中心とした地域の基幹病院です。知識の詰め込みで終わらないように臨床実習科目や演習科目を体系的に配置し、将来必要になる臨床技能を確実に習得していきます。

3

経験豊富な教員陣

健康医療学部には、健康医療に関する幅広い分野の教育・研究・臨床経験豊富な教員が揃っています。人々の健康生活を支える職業人として求められる、知識、技能、姿勢を伝えていきます。

4

資格取得に向けて一貫した指導・支援

看護学科と言語聴覚学科では国家試験合格率100%をめざして、健康スポーツ学科では教員免許など希望進路に合わせた専門的な資格取得に向けて、教員が1年生から4年生まできめ細かい指導と支援を行っていきます。

健康医療学部紀要

教育ポリシーPOLICY

健康医療学部の教育目的

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

このページの先頭へ