健康医療学部

看護学科

Department of Nursing

京都太秦キャンパス

ABOUT

img_main.jpg

人に寄り添い、
からだとこころの健康を守る。

未来の看護を創造し、グローバル化する地域の医療を支えるプロフェッショナルの育成を目指します。まず、学生一人ひとりの学習スタイルを構築する少人数教育を行い、学生のやる気スイッチを一緒に探すきめ細かなサポートをします。最新医療機器・シミュレータを設置し看護の学びを支えるとともに、使える英語で国際看護を体験していくなど、ゆるぎない基礎力と専門知識に基づく実践力を養います。そして1年生からの計画的な国家試験対策講座を実施し、高い合格率・就職率を実現。健康長寿社会を支えていく医療専門人材を次々に輩出していきます。

こんな人におすすめ

  • 看護師になって医療現場で働きたい
  • 保健師になって行政や事業所で働きたい

学びの特徴

学科の特徴FEATURE

img_feature.jpg

総合大学ならではの学び。看護学科生の1週間。

1年生では、「生物学」「心理学」「解剖生理学」「成長発達」など、看護の対象となる人間を多面的に理解するための科目や、「生命と倫理」「看護倫理Ⅰ」など、倫理観を養う科目を受講します。教養系のさまざまな科目を1年生で学ぶのは総合大学の看護学科ならでは。国際化の時代を生きる看護師に不可欠な英語の学習をはじめ、情報活用技術を身につける授業も受講します。さらに、「看護学概論」や「看護基本技術論」のほか、「看護体験実習」では病院に行き、看護への関心を高めながら実践能力を身につけます。1学年約80名の少人数制で、同じ目標を持つ仲間たちと協力しながら学び、看護師として必要な要素を身につけてください。

nurs_img01b.png

充実した国家試験対策を実施。

本学科では、1年生から模擬試験や特別講習などの国家試験対策を始めます。
模擬試験の結果に対する個別指導も行い、より知識を深めるサポートを行っています。

img_100b.png

京都府立医科大学附属病院・京都第一赤十字病院などと連携。

本学科では、京都の総合病院や中核医療機関を中心に、専門性の高い医療機関を実習先として確保しており、臨地実習を通して看護医療の最前線を体験することができます。特に、京都第一赤十字病院とは包括協定を結んでおり、実習・教育・研究の連携や教職員の交流、奨学金などの協力を図っています。

実習施設

  • 京都府立医科大学附属病院
  • 京都府立医科大学附属北部医療センター
  • 京都市立病院
  • 京都中部総合医療センター
  • 京都第一赤十字病院
  • 京都第二赤十字病院
  • 田辺中央病院
  • 京都桂病院
  • 済生会京都府病院
  • 宇多野病院
  • 京都鞍馬口医療センター
  • 洛和会音羽リハビリテーション病院
  • 日本バプテスト病院
  • 京都博愛会病院
  • 洛南病院
  • 草津総合病院
  • 市立大津市民病院
  • 京都府内訪問看護ステーション、ケアハウス、保育施設

授業ピックアップPICKUP

pickup_img2020.jpg

看護治療支援技術論

健康医療学部 看護学科 滝沢 美智子 教授

看護学科2年生の必修科目で、検査や治療、医療処置などに関わる看護技術を学ぶ科目が、「看護治療支援技術論」です。感染予防技術の基本概念を理解し、マスクや手袋、エプロンなどの個人防護具の使用方法や、注射針などの感染性廃棄物の取り扱いとその意味、消毒、滅菌方法を学修して、無菌操作を修得します。1年生で学修した解剖生理学の知識を生かして、模型(シミュレーター)を活用した注射や採血などの与薬や検査の援助方法を、「なぜそのような方法をとるのか」という根拠を理解しながら修得します。

先生・
学生から一言VOICES

img_teacher2020.jpg

先生から一言

健康医療学部 看護学科

滝沢 美智子 教授

教員紹介ページへ

きめ細やかな指導とサポートで
現場から求められる看護師を育成する

私たち看護職者は、毎日健康に過ごしていれば意識することのない、当たり前の「日常生活」に焦点を当てています。問題を抱える患者さんの日常生活の実現に向けて、それぞれの方に必要な支援を判断し、行っていきます。さまざまな背景をもつ患者さんを支援していくためには、専門的な知識や技術だけでなく、幅広い教養や豊かな人間性が必要です。本学科では、担任・チューター制度によって、学生がいつでも相談しやすい体制を整えるとともに、学生一人ひとりの個性を尊重し、きめ細やかな指導を行っています。この4年間で、多くのことに関心を持ち、たくさんの人とふれ合い、広い視野を手に入れてください。

img_student2020.jpg

在学生の声

健康医療学部 看護学科 3年生

宮尾 茉那さん

京都明徳高等学校出身

現場に即した指導により、着実に技術が身につく

「看護師になりたい」という小学生の頃からの夢を実現するために、KUASの看護学科へ。看護という1つの視点だけでなく、多角的な考えと出会えるのは総合大学ならではの魅力です。言語聴覚学科との2学科合同で受講する講義もあるため、視野が広がるとともに他職種と連携しながら働く「チーム医療」に活かしたいと考えています。授業では、先生方が実際の現場を想定したデモンストレーションをしてくださるので、わかりやすく着実に身につきます。また、常に先生と疑問や不安を共有できるチューター制度もあるので安心。これまでに得た技術を活かし、3年生からの本格的な実習にチャレンジしたいと思います。

インタビューINTERVIEW

患者さんと
深く関わった実習が
現在の自分に
繋がっています

京都第二赤十字病院 勤務

東出 夢叶さん 健康医療学部 看護学科 2019年卒業

看護師として、整形外科、消化器内科、血液内科が入っている複合病棟に勤務しています。病棟では、手術や検査を毎日のように行っているため、受け持ち患者さんのスケジュール管理がとても重要となり、日々優先順位を考えながら、安心・安全に手術や検査・治療を受けていただけるよう行動しています。大学時代の実習で、退院ではなくホスピスへの転院を選択した患者さんと出会いました。その方への看護の経験を通して、患者さんご自身が望む生き方を一緒に考えていく大切さを学びました。現在の病棟は入退院が激しいため、忙しい毎日ですが、限られた時間の中で患者さんに寄り添い、患者さんから信頼される看護師を目指して頑張っていきます。

基本情報BASICINFO

資格

目標とする資格

  • 看護師※
  • 保健師※(選抜制)
    • 養護教諭二種免許状◎
    • 第一種衛生管理者※◎

※国家資格

◎保健師資格取得者で、在学中に所定科目を修得した者は、養護教諭二種免許状の授与申請を行うことが可能です。また、保健師資格取得者は、第一種衛生管理者の授与申請を行うことが可能です。

卒業後の進路

就職先業種別状況

nursing_pie chart.png

主な進学・就職先

医療・福祉

京都大学医学部付属病院、京都市立病院、京都第二赤十字病院、京都中部総合医療センター、京都民医連中央病院、済生会京都府病院、国立病院機構 宇多野病院、洛和会ヘルスケアシステム、京都桂病院、日本バプテスト病院、京都博愛会病院、東京慈恵会医科大学附属病院、東邦大学医療センター大森病院、関西医科大学香里病院、近畿大学医学部附属病院、金沢医科大学病院、滋賀医科大学医学部附属病院、奈良県立医科大学付属病院、草津総合病院、済生会茨木病院、済生会吹田病院、堺市立総合医療センター、市立大津市民病院、大津赤十字病院

関連リンク

教育ポリシーPOLICY

教育目的

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

このページの先頭へ