健康医療学部

言語聴覚学科

Department of Speech and Hearing Sciences and Disorders

京都太秦キャンパス

ABOUT

img_main.jpg

臨床の問題解決に挑む
言語聴覚士をめざす。

本学科では、「はなす、きく、たべる」のリハビリテーションを通し、患者様、ご家族を支えるスペシャリストである言語聴覚士養成を行います。言語聴覚士は、ことばの聞こえ、声や発音、飲み込みの問題に対応するリハビリテーションの専門家。7割が病院で働いていますが、介護・福祉領域や学校教育の場にも活躍の場が広がっています。学生は、専門知識のみではなく、患者様目線で考えられる洞察力、臨床実習や演習などを通して自ら積極的に学ぶ姿勢を身に着けます。そして学科を挙げた万全のサポート態勢で国家試験合格を勝ち取っていきます。

こんな人におすすめ

  • リハビリテーションの専門職として働きたい
  • 言語聴覚士の仕事に興味がある
  • 幅広い世代の人々の役に立つ仕事がしたい
  • ワーク・ライフ・バランスを考えながら一生働きたい

学びの特徴

学科の特徴FEATURE

img_feature.jpg

言語聴覚士の指導のもとで臨床を体験。

ますます社会的ニーズが高まる言語聴覚士。

言語聴覚士は、ことばときこえ、飲み込みに関わるリハビリテーションの「評価・訓練・指導」の専門家。国家資格を必要とする医療系の職種の中でも、今非常に注目されています。日本には言語聴覚士の支援を必要とする患者さんが650万人以上いるとされますが、2018年3月時点で言語聴覚士の資格を持つ人は全国で約3万1千人。慢性的な人材不足のため有資格者は引く手あまたの状況で、病院や発達支援センターなどの医療機関を中心に、福祉施設などにも活躍の場が広がっています。医療系の職種の中では夜勤や残業が少なく、育児などを含めて家庭と仕事の両立がしやすいのも特長です。本学科は、京都府・滋賀県では唯一、男女共学の4年制大学の養成課程です。現在、北は北海道から南は鹿児島県まで、全国から集まった学生が学んでいます。国家資格の合格率100%をめざすのはもちろん、言語聴覚士として一生を通して学び続け・働き続けることができる人材を、丁寧な指導で育成しています。

speech_img01.png

太秦病院と連携し、多彩な実践学習の機会を用意。

京都太秦キャンパスから徒歩すぐ、地域密着型の医療機関として60年以上の歴史を誇る太秦病院と連携し、言語聴覚臨床の見学や実習など多彩な実践学習の機会を設けています。1年生は全員が太秦病院の「聞く・話す・飲み込みセンター」を見学し、言語聴覚士の仕事の実際を学習。2年生以降の見学・評価・総合実習においても連携先として学生を受け入れています。また、本学科の教員は、言語聴覚士として太秦病院の言語聴覚臨床にも従事します。臨床の現場で得られた症例については授業や教員自身の研究活動などにフィードバック。附属病院のような親密なネットワークを築き、教育・研究の充実を図ります。

授業ピックアップPICKUP

pickup_img.jpg

失語・高次脳機能障害学

健康医療学部 言語聴覚学科 能登谷 晶子 教授

言語聴覚士に必要な検査スキルや評価法を、
実践を繰り返して身につけます。

お話を聞いたり話したりすること、また記憶や注意の問題などを抱える患者さんに対して、障害の全体像を把握し、リハビリテーション法を施す知識とスキルを養います。言語聴覚士に必要とされる検査法は100以上ありますが、この授業では「標準失語症検査(SLTA)」など20程度の検査法が学習可能です。大学に高齢者の方を招いて検査をさせていただき、検査結果の解析を行うのも特徴です。検査演習の授業では複数の教員が立ち合い、3年次11月に行われる約1カ月間の評価実習も視野に入れてきめ細かく指導します。

先生・
学生から一言VOICES

img_teacher.jpg

先生から一言

健康医療学部 言語聴覚学科

吉村 貴子 教授

誠実な心と、専門家としての知識や技術を持つ
問題解決力の高い言語聴覚士を育みます。

言語聴覚士はコミュニケーションの専門家。「ことば」や「声」「聞こえ」の困難に対応するという意味だけではなく、対象の方々の抱える問題が何を原因とするのか、コミュニケーションを通して判断し、回復を支えるからです。誠実に対象の方々と向き合う姿勢がとても大切です。
また、医療・福祉の進歩は急速です。私の専門である高次脳機能障害の領域も日進月歩で進化しています。そのため学内で言語聴覚士の実務者向けの勉強会を開催し、また教員もさまざまな学会や研修会に参加して学び続けています。私たちとともに学び、問題解決力の高い言語聴覚士として活躍できる力を育んでください。

img_student.jpg

在学生の声

健康医療学部 言語聴覚学科3年生

髙橋 悟さん

京都府立京都すばる高等学校出身

専門家の先生のもと
信頼される医療人として成長したい。

言語聴覚学科は少人数制。高次脳機能、嚥下、聴覚、発声発語、言語発達といった分野の専門家の先生方が、ゆっくりと丁寧に教えてくださり集中して学べます。学んだことを体験して理解する実習も豊富。キャンパスの近くの幼稚園で子どもたちを対象に言葉の発達を診たり、聴覚検査室など多彩な設備を利用して検査のスキルを磨いたり、言語聴覚士としての基礎を固めています。3年生に予定されている病院などでの評価実習で、患者さんに信頼してもらえる医療人としての力がどれだけ身についたか試したいと考えています。

インタビューINTERVIEW

患者さんの
人生の支えになれる、
やりがいのある
仕事です。

社会医療法人 太秦病院 リハビリテーション科 聞く・話す・飲み込みセンター 言語聴覚士

舘 幸枝さん

京都太秦キャンパスの北向にある太秦病院で常勤の言語聴覚士として働いています。「言葉の遅れがある」「飲み込みにくい」「声が出にくい」など、症状としてあらわれているものの、言語聴覚領域の患者さんの問題は一見しただけではわからないものがほとんど。患者さんとその家族の声を聞き、動きを見て、実際に評価を行い、抱えている問題を多角的に観察することでその原因を探ります。患者さんの人生の中でも困難を感じている瞬間に携わる中で、時に悩み、落ち込むこともあります。しかし、訓練を通して患者さんが発達・回復していくときには、患者さんとその家族と一緒に喜ぶことができ、お互いが笑顔になれる時間があるからこそ、この仕事を続けていてよかったと感じますし、この仕事に魅力を感じ続ける理由でもあります。言語聴覚学科の先生方は臨床も研究も教育も第一線の方ばかり。現役言語聴覚士もうらやむような素晴らしい環境で学び、成長してください。

基本情報BASICINFO

資格

目標とする資格

  • 言語聴覚士※

※国家資格

卒業後の進路

就職先業種別状況

recruitdata2018_spe.png

主な進学・就職先

医療・福祉

京都市立病院、京都桂病院、京都博愛会病院、草津総合病院、国立病院機構 三重中央医療センター

関連リンク

教育ポリシーPOLICY

教育目的

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

このページの先頭へ