バイオ環境専攻 博士課程前期/博士課程後期

バイオ環境研究科

Graduate School of Bioenvironmental Science

京都亀岡キャンパス

研究科コンセプト

[博士課程前期(2年)]

バイオ環境実現のためのリーダーとして活躍できるバイオ環境技術者を養成します。

バイオサイエンス、環境学および食農学を連携させ、人と共に多様な生き物が共生できる持続可能な地域環境 (バイオ環境) を作り上げることを目標としています。
そのため授業科目は「バイオサイエンス領域」「バイオ環境デザイン領域」「食農領域」の研究分野科目と3分野関連科目が複合的に履修されるように構成されています。
これにより広い視野を持ち「バイオ環境」を実現するためのリーダー(バイオ環境技術者)を養成します。

目指すキャリア

高度なバイオ環境技術者

  • バイオ関連企業
  • 環境関連企業
  • 食品関連企業
  • 農業関連企業
  • 公務員
  • 博士課程後期進学

中・高等学校教育の担い手

  • 中学校教諭(専修免許状・理科)
  • 高等学校教諭(専修免許状・理科)

[博士課程後期(3年)]

バイオ環境実現のためのリーダーとして活躍できるより高度なバイオ環境技術者を養成します。

バイオサイエンス、環境学および食農学を連携させ、人と共に多様な生き物が共生できる持続可能な地域環境(バイオ環境)を作り上げることを目標とする、バイオ環境研究科の教育理念に基づき、博士課程後期では、3分野の複眼的な研究をさらに進めて「バイオ環境」の新しい研究領域を開拓し、企業の研究所やベンチャー企業でも、即戦力として技術開発や先端的な研究に取り組める、より高度なバイオ環境技術者を養成します。

目指すキャリア

より高度なバイオ環境技術者

  • バイオ関連企業
  • 環境関連企業
  • 食品関係企業
  • 農業関連企業
  • 公務員

社会人の受入

博士課程後期には社会人も受け入れます。ここで社会人とは、博士課程前期(修士課程)修了者あるいはそれと同等の学力を有する者で、勤務先(所属事業所や企業の長)から同意を得ている者をいいます。社会人としての専業と両立できるように、週末や休暇期間を使った指導を行い、また、日常的には電子メールなどを活用した指導を行います。社会人の経歴を勘案して、試験の一部を免除することがあります。

「バイオ環境学部」と「大学院バイオ環境研究科(博士課程前期・後期)」の関係説明図

bio_kankyo_map.jpg

カリキュラム

博士課程前期

年度により開講科目が変更されることがあります。

研究分野関連科目

演習科目

生物有機化学特別演習Ⅰ~Ⅳ / 分子生物学特別演習Ⅰ~Ⅳ / 微生物機能開発学特別演習Ⅰ~Ⅳ / 食品機能学特別演習Ⅰ~Ⅳ / 植物バイオテクノロジー特別演習Ⅰ~Ⅳ / ランドスケープデザイン特別演習Ⅰ~Ⅳ / 水環境特別演習Ⅰ~Ⅳ / 都市自然化特別演習Ⅰ~Ⅳ / 環境教育特別演習Ⅰ~Ⅳ / 里山環境特別演習Ⅰ~Ⅳ / 農業生産学特別演習Ⅰ~Ⅳ / 農地環境特別演習Ⅰ~Ⅳ / 食品加工学特別演習Ⅰ~Ⅳ / 発酵醸造学特別演習Ⅰ~Ⅳ

特別研究

生物有機化学特別研究 / 分子生物学特別研究 / 微生物機能開発学特別研究 / 食品機能学特別研究 / 植物バイオテクノロジー特別研究 / ランドスケープデザイン特別研究 / 水環境特別研究 / 都市自然化特別研究 / 環境教育特別研究 / 里山環境特別研究 / 農業生産学特別研究 / 農地環境特別研究 / 食品加工学特別研究 / 発酵醸造学特別研究

科学英語

演習科目

  • 科学英語演習Ⅰ~Ⅱ

専門基礎科目

  • 分子生命科学特論
  • 生物機能開発特論
  • 環境再生特論
  • 生物・環境特論
  • 食資源特論
  • 食品開発特論

関連科目

  • グリーンバイオ最先端技術特論
  • 環境デザイン最先端技術特論
  • 食農最先端技術特論
  • インターンシップA、B

博士課程後期

  • バイオ環境特別演習Ⅰ~Ⅵ
  • バイオ環境特別研究

系統的なカリキュラムを特に設定せず、「特別演習」と「特別研究」を単位化することにとどめ、各自の研究に専念していただきます。

年度により開講科目が変更されることがあります。

教育ポリシーPOLICY

教育目的

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)


このページの先頭へ