機械電気システム工学専攻 博士課程前期/博士課程後期

工学研究科

Graduate School of Engineering

京都太秦キャンパス

研究科コンセプト

キーワードは“創造”。
複数分野を統合するアプローチで、
「新たな技術や学問を創り出せる人材」を育成する大学院。

新しい概念を“創造”することによって次世代の産業の創出と新たな価値の創出に貢献できる高度な専門知識を有した技術者・研究者を育成します。
グローバルに活躍する国際色あふれる教員陣が最先端の研究設備を揃えた研究環境でORT(On the Research Training)を実施します。また、工学研究科で
は海外からの留学生の受け入れを積極的に行い、グローバルな環境での学修、研究やコミュニケーションの機会が生まれます(留学生は9 月入学)

博士課程 前期

養成する人物像

機械電気システム工学分野を構成する材料、エネルギー、情報、システムのいずれかの領域を中心として、次世代の機械電気システムに必須の専門領域の高度な知識を他領域の知識と関連づけながら修得させることによって次世代の産業の創出と新たな価値の創出に貢献できる専門技術者及び高度専門技術者を養成します。

めざすキャリア

□メーカーの設計・生産・開発・品質管理の各部門の高度専門技術者
□研究者

博士課程 後期

養成する人物像

機械電気システム工学分野を構成する材料、エネルギー、情報、システムの4領域のうち専門とする1領域を深く学修し、同時に関連する3領域の知識も深化させることで、それぞれの高度な専門的知識に加え、領域横断的な総合領域において高度な専門的知識を深化させ、多様な学問分野の動向と社会ニーズを踏まえた社会的ニーズの高い問題発見能力を有し、新しい概念を“創造”することによって次世代の産業の創出と新たな価値の創出に貢献できる研究者を養成します。 

めざすキャリア

□メーカーにおける研究開発者
□大学および高等研究機関における研究者

「工学部」と「大学院工学研究科(博士課程前期・後期)」の関係説明図

engineering01.PNG

カリキュラム

次世代の電気機械システムに必須の高度な専門知識を修得し、新しい発想で産業にイノベーションをもたらして新たな価値を生み出すことができる高度専門技術者・研究者の育成をめざします。

カリキュラムマップ(博士課程 前期)

engineering02.PNG

カリキュラムマップ(博士課程前期)

 

専門科目(基幹)と語学科目は1年生、専門科目(発展)は2年生で履修します。

研究分野関係科目は主研究指導教員と副研究指導教員(複数)という研究指導体制をとり、2年間を通じて各自の研究テーマに応じた十分な研究指導を行います。

カリキュラムマップ(博士課程後期)

engineering03.PNG

カリキュラムマップ(博士課程後期)

 

専門科目は博士課程前期の科目に加え、機械電気システム工学特論(材料・エネルギー・情報・システム)の4科目を開講します。

研究分野関係科目は主研究指導教員と副研究指導教員(複数)という研究指導体制をとり、3年間を通じて各自の研究テーマに応じた十分な研究指導ができるようにするとともに、主研究指導教員の所属する領域以外の3領域の教員を交えて発表及び討議を行います。

研究科長あいさつ

2020Dean_tabata.jpg
工学研究科長 田畑 修

目指すは“融合”と“創造”を実践するプロアクティブ・グローバル人材育成

既存の価値観や枠組みを根底から覆すような革新的なイノベーションをもたらす「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」が始まっています。ロボットや自動運転車はその一例です。DX 時代をリードしていくには、グローバルな視点で特定の技術分野に囚われることなく社会的ニーズの高い課題を見つけ、問題点を抽出し、デジタル技術を駆使してこれを解決できる高度専門技術者が求められています。本学工学研究科では、DX 時代に必須となる多様な技術分野を材料、エネルギー、情報、システムの4領域として捉え、自分の専門領域を定めて深く学修すると同時に関連する3領域の知識も“融合”して深化させることで、新しい概念を“創造”し次世代の産業と新たな価値の創出に貢献できる高度専門技術者を養成します。意欲ある皆さんの応募をお待ちしています。

教育ポリシーPOLICY

教育目的

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学位論文審査基準

このページの先頭へ