機械電気システム工学専攻 博士課程前期/博士課程後期

工学研究科(2020年4月開設)

Graduate School of Engineering

京都太秦キャンパス

内容は予定であり変更となる場合がございます。

研究科コンセプト

キーワードは“創造”。
複数分野を統合するアプローチで、
「新たな技術や学問を創り出せる人材」を育成する大学院。

新しい概念を“創造”することによって次世代の産業の創出と新たな価値の創出に貢献できる高度な専門知識を有した技術者・研究者を育成します。
学生はグローバルに活躍する国際色あふれる教員陣が最先端の研究設備を揃えた研究環境でORT(On the Research Training)を実施します。

博士課程 前期

養成する人物像

機械電気システム工学分野を構成する材料、エネルギー、情報、システムのいずれかの領域を中心として、次世代の機械電気システムに必須の専門領域の高度な知識を他領域の知識と関連づけながら修得させることによって次世代の産業の創出と新たな価値の創出に貢献できる専門技術者及び高度専門技術者を養成します。 

修了後の進路

メーカーの設計・生産・開発・品質管理の各部門の高度専門技術者、研究者

博士課程 後期

養成する人物像

機械電気システム工学分野を構成する材料、エネルギー、情報、システムの4領域のうち専門とする1領域を深く学修し、同時に関連する3領域の知識も深化させることで、それぞれの高度な専門的知識に加え、領域横断的な総合領域において高度な専門的知識を深化させ、多様な学問分野の動向と社会ニーズを踏まえた社会的ニーズの高い問題発見能力を有し、新しい概念を“創造”することによって次世代の産業の創出と新たな価値の創出に貢献できる研究者を養成します。 

修了後の進路

メーカーの研究・開発部門における研究者および高等教育機関、高等研究機関における研究者、教員

カリキュラム

次世代の電気機械システムに必須の高度な専門知識を修得し、新しい発想で産業にイノベーションをもたらして新たな価値を生み出すことができる高度専門技術者・研究者の育成をめざします。

博士課程 前期

研究分野 関連項目

  • 先端機械電気システム工学通論
  • 大学院エンジニアのためのコンピュータ数学
  • エレクトロニクス材料の物理と化学
  • MEMS 技術と材料
  • 計算材料科学特論
  • リモートセンシング
  • システム設計論
  • ロボティクス特論
  • 半導体電力変換技術
  • スクリプト言語と仮想マシン
  • 風力発電テクノロジー
  • 半導体パワーデバイスとモジュールのコンピュータ支援設計

など

内容は予定であり変更となる場合がございます。

博士課程後期

基本的に上記博士課程前期の科目に加え、機械電気システム特論(情報)、同(材料)、同(システム)、同(エネルギー)の4科目などを開講する。

学部長あいさつ

tabata.jpg
工学部 学部長(就任予定) 田畑 修

工学は、あらゆる産業や生活と深く結びついています。どんなものづくりにも工学が必要であり、医療や農業の進化も工学とは切り離せません。なかでも機械電気システム工学はこれからの産業の核となります。例えばロボットはこれから先、産業用だけでなく医療用・家庭用にも展開されていくでしょう。機械電気システム工学の専門知識と創造力を身につければ、ほぼすべての分野で活躍できます。新しい学びの場で、これからの社会を動かす専門知識と創造力を身に付けませんか。

略歴
名古屋工業大学計測工学科を卒業。㈱豊田中央研究所、立命館大学理工学部を経て、京都大学大学院工学研究科教授へ。フライブルク大学、スイス連邦工科大学、清華大学などの客員教授。専門分野は、ナノ構造科学、マイクロ・ナノデバイス、計測工学など。

教育ポリシーPOLICY

教育目的

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

このページの先頭へ