バイオ環境学部

バイオサイエンス学科

バイオサイエンス学科Department of Bioscience and Biotechnology

京都亀岡キャンパス

img_department01.jpg

生命の機能を解明し、
社会の発展に活かすクリエーターに。

生命現象を細胞や分子のレベルで解析するための幅広い知識と実験手法を習得し、動物、植物、微生物、食品の機能の解明と利用を通して豊かな社会の創造をめざします。

身につくスキル

大学共通コア科目により、社会人として必要な日本語リテラシー、数的処理、IT技能、さらにはグループワークや身体活動を通じてコミュニケーション・スキルを身につけます。また、特に、必修の英語・英会話科目を通じて、グローバルな社会で必要な英語でのコミュニケーション力を高めます。
専門プログラムでは、生命科学や食品に関する基礎知識、植物・微生物を取り扱える能力、作物を栽培できる能力、生命分子や食品成分を分析できる能力を身につけつつ、社会で必要な、物事を多面的に思考して探求できる力や問題を解決できる力を養います。

将来の進路や働く場所

  • 化学会社、製薬会社、化粧品会社
  • 食品製造会社、食品素材会社、健康食品会社
  • 種苗会社、農業関連会社、発酵・醸造関連会社、環境関連会社
  • 大学院進学、国家および地方公務員、中学・高校理科教員、博物館学芸員

など

POINT

先端研究で健康に貢献

バイオサイエンス学科では、健康維持や病気の予防に貢献しようとしています。ヒト細胞を蛍光タンパク質で可視化し、細胞内の状態をリアルタイムに観察することで、生活習慣や老化による細胞ストレスのしくみについて研究しています。丹波黒豆や九条ネギなどの京野菜や植物の葉などに含まれる成分の中から細胞ストレスを低減する化合物を同定し、さらにはその作用メカニズムの解明も行っています。また、血糖値や血圧の上昇を抑制したり、特定の神経細胞が死滅することで発症するパーキンソン病の発症を予防したりする食品含有化合物の同定も行っています。これらの研究成果に基づき、糖尿病や認知症の大部分を占めるアルツハイマー病をはじめとするさまざまな病気の発症予防やその進行抑制を目的とした特定保健用食品(特保)などの機能性食品や医薬品の開発を目指しています。機能性食品とは、人間が生きていくために必要な栄養素だけでなく、体の調子を整える「生体調節機能」を持つ食品です。自立した生活を送れる期間である「健康寿命」を延ばすことに関心が高まっている現在において、その社会的ニーズが高まっています。

img_bioscience2020_01.jpg

受験生へのメッセージ

message2020_img01.jpg

実験力と英語力を活かし、世界を舞台に開発しよう。

バイオサイエンス学科4年生 久世 菜月さん

message_img02.jpg

有用な機能を持つ微生物を自分で見つけ出し、社会に役立てよう。

バイオサイエンス学科 萩下 大郎教授

message2020_img02.jpg

日々新しい発見と検証の毎日。実り多い大学生活は、充実した社会人生活につながります。

神戸元町夢クリニック勤務 藤井 篤志さん バイオ環境学部バイオサイエンス学科  2010年卒

EXCLUSIVE

豊富な実験
1年生から実験科目がスタート。2年生で本格的な専門実験に取り組みはじめ、専門実験を習得後に配属先の研究室での実験の日々。実験三昧の4年間が待っています。

充実した英語教育
「使える」英語を徹底的に学び、最先端の科学論文を読み、自分の研究に生かします。身につけた力を海外で試せるプログラムも豊富です。

教員(理科)・大学院・公務員志望者へのサポート
大学院・理科教員・公務員をめざす人はそれぞれの志望に応じて正課・課外プログラム及び個人指導を受けることができます。教員や公務員志望者は、採用試験を意識した一般教養や専門科目、大学院進学志望者は志望分野に応じた専門科目に加え、専門論文を読みこなせる英語力を習得します。

ABOUT

入学したら何を学ぶ?
学びの特徴をチェックしよう!

KUASの学びの特徴は学部共通科目、学科専門科目、大学共通科目に分かれており、実学を追求するKUASらしい豊富なカリキュラムを受講することができます。

学びの特徴はこちら

img_department01.jpg

学科の基本情報はこちら

関連リンク