インターンシップ・プログラム

本学のインターンシップについて

インターンシップの目的

「世界で活躍できる人材になってほしい」。学生が卒業後も豊かな人生を送れるように、インターンシップセンターでは、キャリアサポートセンターと共に学生のキャリア教育を行っています。インターンシップを通じて働く意味はもちろんのこと、社会から必要とされる人材についての”学び”や“気づき”を得て、進路や学生生活の充実を目的としています。

KUASインターンシップ一覧

本学には大きく分けて2種類のプログラムがあります。(正課科目)

  1. 全学部全学科の学生が年次を問わずに参加する「全学共通型プログラム」。
  2. 学部生を対象に専門性を深める「学部特化型プログラム」。
全学共通型 学部特化型

海外インターンシッププログラム

(アメリカ、カナダ、オランダ、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドなど)

国内インターンシッププログラム


全学共通型プログラム

全学生対象の全学共通型プログラムは、4月から説明会が始まり、選考を経て実習先が決定します。事前授業では業界・企業研究を通じて実習先への理解を深めます。その後、夏季休暇を利用し、2週間~1カ月程度のインターンシップを経験します。実習後の事後授業では様々な角度で自身を振返り、成果報告会にて学びや気づき、そして今後の目標などを発表します。毎年、海外・国内ともに受入先、参加人数、期間を拡大しており、今後もより多くの学生向けにプログラムを提供します。

インターンシップ経験を活かすためには、まずは「自分」が、「自分」で、「自分」のために取り組まなければなりません。将来に必要な力を考え、自身の目的に合うプログラムへ挑戦することが大切です。

「全学共通型プログラム」の年間スケジュール

「全学共通型プログラム」の年間スケジュール図

大学から発信される最新情報を受け取り、スケジュールの確認や参加に向けて準備を進めます。詳細は学内広報(先端なび、ポスターなど)にて順次お知らせします。

海外インターンシッププログラム

2019年度よりスタートした世界で活躍する人材になるためのグローバルインターンシッププログラムです(正課科目)。アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど、世界各国へ飛び、最前線のビジネス現場で就業を経験します。受入先は、日系企業の海外拠点や現地企業などを中心に、毎年拡大しています。

1期生は1~3年生の8名がアメリカ、オランダ、シンガポール、タイ、ベトナムへ渡航し、各国で約2週間のインターンシップを経験しました。現地では各部門からのレクチャーを通じて組織全体を理解し、その後、サポートという立場で営業同行、ミーティングへの参加、企画や管理業務など、実際のビジネスに関わらせて頂きました。

2期生以降、海外インターンシップに参加する学生は増えています。(コロナ禍ではオンライン中心)。期間も2週間~1カ月程度となり、2020年度では18名、2021年度では37名の学生が挑戦しました。働き方や環境変化が加速する中、オンラインツールを駆使し、時差を超えて世界とつながりながら働く経験をしました。

hmpg01.jpg

2019年度 アメリカ 現地スタッフとの記念撮影

hmpg04.jpg

2019年度 タイ 工場見学で現地スタッフとの記念撮影

国内インターンシッププログラム

全学年、全学部全学科を対象に、日本を支える民間企業や行政、非営利団体などでインターンシップを経験できる国内プログラムです(正課科目)。官公庁、金融、メーカー、食品、コンサルティング、スポーツ等、幅広い業界の企業・団体様にご協力頂き、受入れて頂いています。各学部、学科の専門性が活かせるプログラムを毎年拡大、展開しています。

2020年度は74名、2021年度は201名の学生が興味のある業界・企業で実習を経験しました。参加理由は「低学年の間に社会を経験したい」「将来の進路を考えるきっかけとしたい」「受入企業や業種に興味がある」など、様々です。現場の実習では企業・業務理解に留まらず、活躍する社会人より社会に求められる人材像や力を学びます。

hmpg07.jpg

日本電産株式会社様のオフィスにて本社管理部門の業務を経験

hmpg08.jpg

京都信用金庫様で新規店舗の出店を検討

internship-2019inner02.jpg
有限会社京都スポーツ教室亀岡様でサッカー指導

成果報告会

海外・国内両インターンシップの実習生全員(約240名)が太秦キャンパスみらいホールで一堂に会し、集大成である成果報告会を実施して約4ヶ月間のインターンシッププログラムを締め括ります。

2021_internship04.jpg

全38チームが同時に成果報告

2021_internship05.jpg

実習先別の学生同士が対面で学び合う


2021年度実施まとめ

日本電産株式会社様(アメリカ拠点)

~Nidecグループ18拠点が教えてくれた世界No.1の力~

2021_internship06.jpg

海外インターンシップでは、Nidecグループをはじめとする世界各国の海外拠点にオンラインでアクセスし、ファシリテーターとして英語で実習に参加しました。その中でも日本電産モータ株式会社様では、事業拠点を構えるアメリカ、ブラジル、フランス、日本での4拠点にて同時接続を実現して頂き、グローバル拠点間のコミュニケーションを体感しました。世界各国の様々な部門、業種の方から業務やキャリアについてレクチャー頂き、活躍人材に必要な力への理解を深めました。

参加学生へのインタビュー

2021_internship07.jpg

「世界で通用する人材になりたい。そのためには常に新しく変化し続ける環境で学びたい」と思い、本学へ入学しました。今でも鮮明に覚えているのは、入学式後に「この大学で頑張りたい」と強く思ったことです。

先輩方が話す日本電産株式会社様に興味を持ち、インターンシップではNidecグループ様を希望しました。実習では様々なNidecグループの企業様と接点を頂く中、グループ全体で「10年後に売上10兆円」という目標に対して社員全員が志を持ち、「京都No.1・世界No.1」という誇りを持って働いている姿に魅了されました。インターンシップ授業全体では、200名以上の参加者が情報交換し合うことで業界や企業を広く知ることが出来ました。将来は国際的な環境や世界的な企業で活躍をしたいので、英語力をはじめ、これからも様々な価値観に触れ、自分の幅を広げていきたいと考えています。

(経済経営学部 経済学科 3年生)

後輩へのメッセージ

インターンシップは不安に感じる事もあるかと思いますが、主体的に取り組むことでやりたいことや自分の適性を知ることができます。そして何より、同じ志を持つ人たちと巡り会うチャンスがあります。大学生の特権である「自分で選択できる」ことを上手に利用して、インターンシップを通じて新しい発見や経験をして欲しいと思います。

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社様

~大手コンサルティングファームにて、実践力を極める難易度の高い営業課題へ挑戦~

国内インターンシップでは包括連携協定の下、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下DTC)様に新たに受け入れをして頂きました。インターンシップでは仮想クライアント企業の営業強化という要望に対して、営業課題の明確化、課題解決方法をチームで提案する難易度の高いPBLプログラムを経験しました。最適解を考え、限られた情報から解決策を導くプロセスやロジカルに伝える力等、活躍人材に必要な力を鍛えました。

2021_internship08.jpg

参加学生へのインタビュー

2021_internship09.jpg

日本電産㈱ 永守会長が理事長であり、他大学とは違う経験や自主性を重んじた教育に魅力を感じ、入学しました。就職活動の時期になり、自分自身や社会について何も理解出来ていない事に気づき、インターンシップに参加しました。実習ではDTC様が新入社員育成のために活用する課題のテーマを頂き、チームで課題解決に向けた提案発表をした他、活躍社員様との座談会やロジカルシンキング等のレクチャーを受講させて頂きました。一番印象に残ったのは関わって下さった社員の皆様のプロ意識です。真剣に、楽しそうに、納得いくまで仕事と向き合われており、働くプロの姿を実感しました。社会で必要なチームワークを経験し、ロジカルシンキングや課題解決に導くプロセス、意思の伝え方等、自分に必要な力を明確にすることが出来ました。今後はこのインターンシップで学んだことを活かしながら、社会人に必要な能力を身につけ、高めていきたいです。

(経済経営学部 経済学科 3年生)

後輩へのメッセージ

様々なことに挑戦し、視野を広げ、周囲の人やものから多くの影響を受けることが大切です。今のうちに出来るだけ多くのことを経験し、失敗し学んでいくことが将来に繋がると思うので、ぜひインターンシッププログラムに参加して下さい。またインターンシップは就職活動の第一歩としても非常に良い経験になるのでおすすめです。

株式会社発酵食堂カモシカ様

~発酵のプロから学んだ専門性と実習先で気づけた自分の強み~

本年度は特にバイオ環境学部向けプログラムの拡大をしました。学部教員を中心にプロジェクトチームを組織し、多くの企業・団体様に受け入れのご協力を頂くことが出来ました。株式会社発酵食堂カモシカ様では、発酵学を学ぶ学部生が2週間お世話になり、味噌や甘酒等の仕込み等の製造業務や食堂運営、オンラインワークショップ等を体験しました。

2021_internship10.jpg

2021_internship11.jpg

2021_internship12.jpg

参加学生へのインタビュー

2021_internship13.jpg

食品に興味があり、6次産業化が進む今の時代に合った食品×農業の学びを得られる食農学科に惹かれ、入学を決めました。インターンシップは自己分析、業界理解を深める機会にしようと参加したのですが、食品の中でも特に興味のある発酵食品を専門に扱うカモシカ食堂様で実習させて頂いた事で、将来の夢である「自分の作り出したもので多くの人を笑顔にしたい」という想いがより一層強まりました。インターンシップでは販売促進に対する提案の面白さと実行の難しさを経験し、SNSを通じた情報発信を行う事で、自分の仕事がどの様な影響を与えるのかをお客様の反応を通じて学ぶことが出来ました。実習終了後に頂いた社員様からのフィードバックや、事後授業で自身の行動や経験を振り返り、人との信頼関係を構築しながら自分の考えを伝えられる力が強みであることに気づきました。インターンシップをただの実習として捉えず、事前準備から振返りまですることで、経験したことを今後の自分の糧にすることが出来るのだと思いました。

(バイオ環境学部 食農学科 3年生)

後輩へのメッセージ

インターンシップは自分自身を理解出来る良い機会だと思います。周りの方から意見を頂いたり、何を求められているかを考えて行動することで、自身の強みや足りない部分を知ることができます。なので、このような貴重な機会を経験し、将来に役立てて欲しいと思います。

過去のインターンシップ(レポート)


お問い合わせ先

インターンシップセンター

電話でのお問い合わせ

京都太秦キャンパス TEL: (075)406-9260

受付時間:平日 8:30~17:00

Eメールでのお問い合わせ

MAIL: intern@kuas.ac.jp

(インターンシップをはじめ、学生の就業経験や受け入れに関連する事等、お気軽にお問い合わせください。閉室の場合は翌日以降の対応になります。)

このページの先頭へ