AIP(企業留学)

AIPについて

国内の企業で、約3カ月間の仕事体験。ビジネスの魅力を、現場で体感して学ぼう。

アドバンスト・インターンシップ・プログラム(AIP:Advanced Internship Program)は、本学と国内の受入企業様が連携し、学生が3カ月間の長期就業経験を通じて、本格的に企業実務を学ぶプログラムです。企業から提示されるプロジェクトに挑みつつ、実務経験をすることで、大学での学びの目的や目標を明確にし、その実現に向けて取り組んでいけるように、実習前後では企業での実務と大学での学びを接続するための専門性の高い指導を実施しています。

AIP_img01.png

AIPで目指す人材像

課題発見力×問題解決力=ビジネスの即戦力人材

即戦力人材になるために

ビジネスの現場で即戦力となるために必要なのは、「課題発見力」と「問題解決力」です。
本プログラムでは、これらの2つの力を磨くために、企業と一緒に設定した課題に取り組みます。実務を経験するなかで、設定した課題を解決するためのヒントを探し、考えていくことで、課題解決を行っていきます。

プログラムの流れ

本プログラムでは、2年次 秋学期よりオリエンテーション等の事前授業が始まり、3年次に3カ月間の長期企業実習、事後授業、成果報告会があります。スケジュール、プログラム内容、修得単位については以下のとおりです。

AIP_img02.png

大学での学びと社会で求められる力との繋がりが明確に

AIP_img03.jpg
AIP参加者 2021年卒業生 橋本 みなさん
(東住吉高等学校出身)

実習先:株式会社クロスエフェクト

私は元々経営に興味があり、経済経営学部に入学しました。将来は経営に携わるような仕事がしたいと考え、AIP3カ月間長期インターンシップに参加しました。実習ではプロダクトデザイン、3Dスキャニング等で「世界最速の開発支援」を実現する(株)クロスエフェクト様にて、営業、技術、総務の3部署を経験させて頂きました。実習中は3S活動提案という課題を頂き、環境改善の提案と実施に取り組みました。今までは「整理、整頓、清掃」という3Sの効果についてあまり深く考えたことはなかったのですが、提案を通じて、仕事の効率化が会社の強みである「速いものづくり」と関連していること、また、きれいな社内や工場がお客様の信用を得て受注につながることを学びました。そのように、頂いた課題や業務の意味を自分なりに理解して取り組んだ結果、全ての仕事が経済経営学部での学びに繋がっている事に気づくことが出来ました。今後は社会人として必要なスキルを伸ばしつつ、何事も自分事として主体的に行動できる人でありたいと思います。そして、人に居心地の良い空間やサービス等の提供に興味を持ったので、引き続き大学での学びを深め、就職活動にも励みたいと思います。

2021年度インターンシップ先受入企業(敬称略、50音順)

  • 株式会社パンテック

  • 株式会社ジェイ・エス・ビー

2021年度実施まとめ

本学の目指す方向性にご賛同頂いた、滋賀県大津市に本社のある株式会社パンテック様(以下、パンテック様)と京都府京都市に本社のある株式会社ジェイ・エス・ビー様(以下、ジェイ・エス・ビー様)にご協力をいただき、2021年度のプログラムを実施いたしました。

パンテック様では、昨年度に引き続き2名の学生がお世話になり、プラスチックをペレット化する工場見学や部門の業務に加え、瀬田高校化学工業科1年生30名に向けた特別授業の講師を担当させて頂きました。授業では高校生にリサイクルを意識して実践してもらうことを目的に、コースターづくりの他、プラスチック製品の紹介、リサイクルについて議論および発表するグループワーク、日本のプラスチック排出量やリサイクルの重要性について説明しました。授業進行や話し方の工夫、模擬授業の練習を通じて、準備を重ね、責任感を持って仕事に取り組む意識が高まりました。参加学生からは「部活動で消費するペットボトルの分別、普段の生活でのプラスチックの分別を意識したい」等の感想を頂きました。

20210805_AIP - EC.jpg
瀬田高校様での特別授業の様子

ジェイ・エス・ビー様では、1名の学生が実店舗で学生マンション事業の賃貸営業とメンテナンスを中心に現場業務を経験させて頂きました。一人暮らしをスタートするお客様のために、物件相談、申込手続き、引き渡し等の一連の業務や、入居後も安心した生活を送れるように点検や相談対応・解決等、活躍社員様の下で日々ご指導を受けながら取り組んだ結果、仕事への意識が高まり、一つの事を様々な視点から考える事が出来る様になり成長を実感しました。また、実習中に「コロナ対策」と「新たなお部屋紹介方法」というテーマの課題を頂いて取り組みました。コロナ対策については、メンテナンススタッフ様へのインタビューをもとに他社対策を調査したうえでまとめを発表しました。「お部屋紹介方法」については、アフターコロナを踏まえ、成約率向上を目指した新規取組みを提案しました。ジェイ・エス・ビー様からは、実現可能性について現場目線でのご指導を頂きながら、実習期間中から何事にも挑戦する姿勢を評価するコメントを頂きました。

今後も学部で学ぶ専門性をさらに深められるよう、プログラムを充実させるべく、受入先の拡充や事前事後授業の強化を行います。

2021_AIP01.jpg

成果報告会での発表

2021_AIP02.jpg

修了式

2021_AIP03.jpg

成果報告会での発表

2021_AIP04.jpg

修了式

学生の感想

▼実習先 株式会社ジェイ・エス・ビー様

私は「企業理解を深める」、「消極的な自分を変える」という目的を持ってAIPに挑戦しました。学生向けマンション仲介などを行う㈱ジェイ・エス・ビー様にて賃貸営業、管理業務などに携わらせていただいたことで実務を自分の肌で体験することができ、また実習と並行して取り組んだ課題を通じて仮説を立てて物事に取り組む力を身につけることができました。このAIPで学んだ事を、今後社会人として働く際に活かしていきたいと考えています。貴重な経験をさせていただいた㈱ジェイ・エス・ビー様、実習期間中指導して下さった先生方に心から感謝しています。

経済経営学部 経済学科 3年生

▼実習先 株式会社パンテック様

私は滋賀にあるプラスチックリサイクルの総合商社である㈱パンテック様で実習をさせていただきました。企業様からいただいた課題を達成するために現代社会の様々な背景や業界の専門用語を理解することに努めましたが、自分が理解したことを他者にアウトプットする難しさを痛感しました。ですが、課題をやりきることにより、企業理解だけでなく、分かりやすく説明する力がついたと感じています。AIPで学んだことを活かし、今後さらに成長したいというモチベーションで今も色んなことに取り組んでいます。

経済経営学部 経済学科 3年生

▼実習先 株式会社パンテック様

AIPプログラムに参加し、㈱パンテック様の実習課題である瀬田工業高校でプラスチックリサイクルに関する授業を行う際に、結論から分かりやすく相手に伝えることの難しさを実感しました。ですが、実際に行動を起こして体験してみて初めて自分の得意、不得意を知ることができましたので、AIPに参加したこと、同社で実習させていただいたことは他には代えがたい経験だったと感じています。今回の実習を通して得たことを活かし、また失敗して学んだことを今後の原動力にして励んでいきたいと思います。

経済経営学部 経済学科 3年生


AIPレポート

お問い合わせ

AIPは経済経営学部プログラムであり、教務センターとインターンシップセンターで連携しています。連絡先は以下のとおりです。

各局 お問い合わせ内容 E-mail

電話(太秦)

教務センター カリキュラム・単位認定等に関すること ksc@kuas.ac.jp (075)406-9123
インターンシップセンター インターンシップ等に関すること intern@kuas.ac.jp (075)406-9260

上記以外のお問い合わせ内容につきましてはどちらかにご連絡下さい。

以上

このページの先頭へ