GIP(海外企業留学)

kyotoxglobal.png

海外でビジネスを学び、語学力と国際感覚を磨く。 国際化の時代に対応できるビジネスパーソンへ。

グローバル・インターンシップ・プログラム(GIP:Global Internship Program)は、学生が在学中に東アジア地域の協定大学等で語学学習を行い、その後に現地の海外企業・海外進出企業に企業留学し、語学力の向上ならびに海外企業での実務をとおして、世界的(グローバル)な視野を持ち、社会で活躍できる人材を育成するための教育プログラムです。

現在の主な内容は、約2か月半中国・南通大学での中国語学習と中国を中心にした東アジアの経済社会の実態を学修した後、約2か月半中国企業・中国進出企業・団体に企業留学し、海外においてどのようにビジネスが展開されているか、身をもって体験します。

GIP.jpg

海外インターンを経験し、自分に自信が持てるように

GIP_img01.jpg
西川 大雅さん(経済経営学部 経営学科4年生)
(小松大谷高等学校出身)

2019年3月から8月までの半年間、中国に滞在しました。最初の3カ月間の語学研修では、現地の学生の学ぶことに対する前向きな姿勢に刺激を受け、モチベーション高く学習に取り組むことができました。その後は上海市内の企業での実習に参加。社内プレゼンの機会を与えていただき、片言の中国語ながらも実習生として事業改善案を提案したり、工場で検品作業を行ったりと、慣れない環境の中、新鮮な気持ちで充実した時間を過ごすことができました。GIPに参加したことで、主体性をもって行動すること、粘り強くやり遂げることを学び、自分に自信が持てるようになりました。この経験を、将来に活かしていきたいと思います。

GIPレポート

このページの先頭へ