ウクライナの学生・大学院生、研究者への修学、研究支援に係るご寄付のお願い / Donation Drive to Support Ukrainian Students and Researchers

20220406_ukraine01.jpg

ウクライナの学生・大学院生、研究者への支援

2022年2月に始まったロシア軍のウクライナ侵攻により、学生や研究者が大学で学び、研究することが困難になっており、深く憂慮しております。
本学では、このたびの国際的に憂慮される状況に対し、ウクライナでの修学が困難となった学生や大学院生、そして研究機会を失った研究者で、日本での大学教育や研究を希望する方々に、本学での修学・研究機会を提供し、支援してまいります。

困難に直面している学生や研究者を一人でも多く援助するため、皆様の温かいご支援・ご協力をお願い申し上げます。

本支援に伴う寄付金の使途について

(1) 渡日等に関する取扱窓口の設置 
(2) 経済的支援(渡航や生活のための支援金の支給)
(3) 住居支援(住居・宿舎等の確保)
(4) その他、ご家族に関する支援や受入れに関する取組等に活用

なお、皆さまからのご支援に残額が発生した際には、ウクライナ大使館等の公的な人道支援機関に託させていただきます。

税法上の優遇措置及び領収書の発行について

学校法人永守学園に対する寄付については、文部科学省より「特定公益増進法人であることの証明書」及び「税額控除に関する証明書」の交付を受けています。

本ご寄付につきましては、通常の本学へのご寄付と同様に、税法上の優遇措置をご利用いただけるよう2023年1月下旬に寄付金領収証を発行いたします。

【ご注意】

上記使途説明の通り、本学が受け入れた学生のために使用するよりも多額のご寄付をいただいた場合、大学としてそのご寄付を使用せず、ウクライナの人道支援のための公的機関に託します。この場合、通常の大学への寄付に対する税法上の優遇措置の対象外となります。
従いまして2022年12月末までにご入金いただいたご寄付の収支を決算し、その時点での未使用額も含めて本学が使用することを確認した後に領収証を発行いたします。
可能性は極めて低いですが、全額に対して領収証の発行ができない場合がありうることご了承お願いいたします。

お申込み方法

1. インターネット決済(クレジットカード決済等)による申し込みの場合

お申し込みは、こちらをクリックして下さい。

寄付のお申込みをする

※お支払方法は、クレジットカード決済、インターネットバンキング(Pay-easy)、コンビニ決済にてお支払いいただけます。
※ご寄付申込ページで、メールアドレスを入力のうえ、「寄付を開始する」ボタンをクリックしてください。
 

2. 書面によるお申込みの場合

寄付申込書・寄付金払込専用の振込用紙を送付いたします。

寄付に関するお問い合わせ


Support for Ukrainian Students, Graduate Students and Researchers

Our institution is deeply concerned about the difficulties that Ukrainian students and researchers are experiencing as a result of the Russian military invasion of Ukraine that began in February 2022.

In response to this internationally alarming situation, KUAS will provide support to Ukrainian students, graduate students, and researchers who wish to pursue their educations and/or research in Japan at KUAS.

We would like to ask for your warm support and cooperation to help as many of these displaced students and researchers as possible.
 

Donations will be used to achieve/provide the following

(1)  Establishment of contact points for the coordination of travel to Japan, etc.  
(2)  Financial assistance (travel and subsistence grants)
(3)  Housing support (securing of housing, accommodation, etc.)
(4)  Other efforts related to support and acceptance of scholar's family members, etc.
Any remaining balance of your donation will be entrusted to the Embassy of Ukraine or other official humanitarian aid organizations.

Regarding Tax Incentives and Receipts

As explained above, if the received amount is larger than what KUAS can use to support the students accepted from Ukraine, KUAS will not use these donation funds but will instead entrust them to a public institution for humanitarian assistance in Ukraine. Thus, these donations will not be eligible for the tax benefits normally available to University donors. Therefore, please understand that tax-deductible receipts cannot be issued for this donation.

Please inquire at: ukr-support@kuas.ac.jp

このページの先頭へ