【健康医療学部ニュース】言語聴覚士のための2020年度スキルアップ・セミナーのご案内(桂長門先生セミナータイトル更新)

2021年02月17日イベント

本学言語聴覚学科では、臨床の現場を目指し、日々学業に勤しんでいる皆さん。または、すでに現場に立ち、言語聴覚士として社会で活躍している皆さんを対象に、臨床スキルアップ・セミナーを開催します。テーマに沿って最新情報の提供や症例検討・情報交換を行い、基礎と臨床の知恵を出し合っていきたいと考えています。どうぞふるって、ご参加下さい。

Who 臨床で困っている方や、臨床実習の指導にあたる先生方と、実習に送り出す教員が、

What 音声言語・聴覚・認知の基本的な診かた、症例(病態)の理解とリハビリテーション、症例の説明の仕方を、

How 臨床スキルとしてハンズオンで学び、現場で実践をして磨きをかける。

Future 若手や学生の臨床指導に活かす。

20201005_image.jpg

<日程>

・10月17日(土)14:00~ Web開催

 症例検討「集団で発達に気がかりさがある子どもの相談と連携」

 担当:橋本かほる弓削明子

・11月28日(土)14:00~ Web開催 症例検討「dysarthriaを呈した症例」

 担当:苅安誠高ノ原恭子

・12月5日(土)14:00~ Web開催「認知症のコミュニケーション特性と家族への指導」

 担当:吉村貴子

・1月23日(土)14:00~ Web開催「めまいと言語聴覚士」

 担当:楯谷智子

・2月27日(土)14:00~ ハイブリッド方式(現地開催および Web開催の併用) →web開催

「がん悪液質 サルコペニアとの戦い―栄養療法で悪液質は止められるか―」(12/4更新)

 担当:桂長門先生

・3月27日(土)14:00~ Web開催「実耳測定に挑戦」(仮)

 担当:大平芳則

対象

言語聴覚士、医師、教師、学生

費用

無料

参加申し込み

splh@kuas.ac.jp

*ご応募をお待ち申し上げます。

*予定の変更がある場合は、本学ホームページに掲載いたします。

教員情報

担当教員の情報はこちらをご覧ください。

 

(健康医療学部 教授 楯谷智子)

前の記事へ

一覧へ戻る

このページの先頭へ