経済経営学部

経済学科

Department of Economics

京都太秦キャンパス

ABOUT

img_main.png

ビジネスに活かせる実践力と
資格を身につける。

本学科では、経済学を基礎から先端的な領域まで学んでいきます。その過程で、ビジネスリーダーコース、地域経済コース、ファイナンスコース、公務員コースに分かれて学修していきます。GIP海外企業留学、AIP企業留学といったインターン機会、航空観光コース、公務員コースといった特定業界を意識した学修コース、学生主体の学内ショップ「京學堂」運営などでビジネス経験を磨きます。また、1年生から「使える英語」を徹底的に学び、社会で活躍できるビジネスに活かせる実践力と資格を身につけていきます。

こんな人におすすめ

  • 大手企業で自分の力を試したい
  • 京都などの地域密着企業で仕事をしたい
  • 金融機関の役割や仕事に興味がある
  • 公務員として社会に貢献したい
  • 航空業界や旅行業界への就職をめざしている

学びの特徴

学科の特徴FEATURE

img_feature.jpg

金融実務に役立つ資格
「AFP※」の取得がめざせる。

経済学科では、ファイナンシャル・プランナーに関する資格の1つである「AFP」の取得がめざせます。ファイナンシャル・プランナーは、個人の収支や負債、家族構成などをもとに将来の人生設計に基づく資金計画を考えるプロであり、金融機関での実務をはじめとするビジネスの現場でニーズの高い資格です。資格を取得するには通常68時間以上の研修を受ける必要がありますが、AFP認定教育機関となっている本学科では、「金融入門」「ファイナンシャル・プランニングⅠ〜Ⅲ」の科目を履修することで研修が修了します。

AFP…アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー

本学の所定の科目を履修し、AFP資格審査試験(2級FP技能検定の試験を兼ねている)に合格するとAFP資格が取得できます。

現代日本の課題と展望を、政府関係者に学ぶ。

img_pickup02_2020.jpg
防衛省 自衛隊 京都地方協力本部

政府機関が発表している様々な白書や報告書を、実際にその作成に携わった関係者に解説していただき、現代日本が直面する諸課題を深く理解することを目的とした授業です。白書の内容は、その時々の政権が重視する政策に多くのページを割く傾向があり、複数の白書を読み解くことで現在の政権が何を優先し、日本をどの方向に舵取りしようとしているのかを知ることができます。公務員をめざす学生には行政分野の現状と課題の理解、一般企業への就職をめざす学生には就職試験時の時事問題対策などにも生かせる講義です。

白書…政治や経済などの現状の分析と展望をまとめた政府による報告書

これまでに取り上げた主な白書等

  • 『経済財政白書』(内閣府)
  • 『労働経済白書』(厚生労働省)
  • 『環境白書』(環境省)
  • 『国土交通白書』(国土交通省)
  • 『情報通信白書』(総務省)
  • 『食料・農業・農村白書』(農林水産省)
  • 『中小企業白書』(中小企業庁) 『通商白書』(経済産業省)
  • 『外交青書』(外務省)
  • 『防衛白書』(防衛省)
  • 『観光白書』(観光庁)
  • 『エネルギー白書』(資源エネルギー庁)
  • 『消防白書』(消防庁)
  • 『犯罪白書』(法務省)
  • 『国勢調査』(総務省)
  • 『京都創生』(京都市)
  • 『京都市都市計画』(京都市) など

授業ピックアップPICKUP

img_pickup_2020.jpg

財政学

経済経営学部 経済学科 跡田 直澄 教授

私たちの生活と政府や政治を結びつけるのが「政策」、それをお金で示したものが「予算」です。その「政策」と「予算」のあり方を考えるのが「財政学」です。財政学は、扱う金額の単位は大きいのですが、実は私たちの日々の生活にとても密接に関わっています。授業では、消費税などの税金や奨学金、大学の無償化など身近な例をもとに、財政についての理解を深めていきます。政策と予算を現実と理論の両面で学ぶことで、公務員を目指す人はもちろん、企業で働く上でも生活する上でも役に立つ学問です。

先生・
学生から一言VOICES

img_voice_2020_01.jpg

先生から一言

経済経営学部 経済学科

李 立栄 准教授

本質から最先端の技術を活用したサービスまで
お金の動く仕組みを学び将来に活かす

金融の知識は、将来の仕事にも役立ちますし、家計管理や資産形成など人生設計にも有用です。昨今は、「フィンテック」と呼ばれるデジタル技術を活用した新しい金融サービスが次々と登場しています。金融入門の授業では、お金が動く仕組みを基礎から学ぶほか、内外の先進的な事例を取り上げ、デジタル技術により世の中がどう変化していくのか、その中でも変わらない金融の本質とは何かについても考えます。近未来の世界を考える上で重要な手がかりが得られるでしょう。「継続は力なり」と「切磋琢磨」。この2つをキーワードに、自分の目標を見つけ、実現するために、仲間と積極的に交流し、お互いに成長していきましょう。

img_voice_2020_02.jpg

在学生の声

経済経営学部 経済学科3年生

市村 若菜さん

滋賀県立大津商業高等学校出身

経済を多角的に捉え、社会で生かせる「即戦力」を身につける

KUASの経済経営学部の魅力は、経済・経営・法律をひとつの学部で学べること。さまざまな事柄が経済につながっているため、講義では多方面から問題をとりあげ、掘り下げることでニュースや新聞への理解が深まりました。「実践プロジェクト」では、地元の地方銀行や金融機関、世界各国の資金の調達方法をテーマに、ディスカッションやプレゼンテーションを行いました。グループで何度も話し合いを重ねながら発表内容をまとめた経験は、新しい発想やチームで協力することの大切さなど、多くの学びがありました。また、外国人の先生が受け持つ授業もあり、文化や考え方の違いにも刺激を受けています。多角的な視点を身につけ、今後の学びや将来に活かしていきたいと思います。

インタビューINTERVIEW

地方創生について
学んだ学生時代の
知識が活きています。

徳島県吉野川市役所 勤務

川村 勇輝さん 経済学部 経済学科 2018年卒業

生まれ育った徳島県吉野川市役所の市有財産管理部門で、公共施設の維持管理コストの見直しを行いながら、施設を有効に活用する方向に導く仕事をしています。自治体の歳出の多くを占める分野だけに責任は大きいですが、故郷の長期的な安定について考えることができる事にやりがいを感じています。大学時代は、地方創生について学ぶゼミに所属し、公共経済学を学びました。地方創生は、自治体にとって欠かせないテーマのひとつです。大学時代に基礎知識をつけることができたおかげで、現在の業務と向き合いながら地方創生についても思考を深めることができ、学びの成果が現れていることを実感しています。

基本情報BASICINFO

資格

目標とする資格

  • 税理士※
  • CFP®(ファイナンシャル・プランナー上級資格)
  • AFP(ファイナンシャル・プランナー中級資格)
  • FP(ファイナンシャル・プランニング)技能士(3級)
  • 社会保険労務士※
  • 宅地建物取引士※
  • 総合旅行業務取扱管理者※
  • 中小企業診断士※
  • 実用英語技能検定(1級)
  • TOEIC®(800以上)
  • TOEFL® iBT(90以上)
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

※国家資格

卒業後の進路

就職先業種別状況

05_2019_keizai.png

主な就職先(過去3年間:経済学部・経営学部・法学部実績含む)

大学院進学

関西学院大学大学院、立命館大学大学院、東海大学大学院、龍谷大学大学院

建設業

三井住友建設株式会社、大和ハウス工業株式会社、株式会社一条工務店

製造業

日本電産株式会社、日本電産リード株式会社、日本電産シンポ株式会社、株式会社IBM、 スズキ株式会社、三菱電機コントロールパネル、株式会社ソフトバンクコーマス&サービス株式会社、株式会社日本トリム、日本精工株式会社、日鉄日新製鋼株式会社

情報通信業

株式会社大塚商会、ディップ株式会社、株式会社アイル、株式会社グラフィック、エヌ・ティ・ティ・インフラネット株式会社、エヌ・ティ・ティ・システム開発株式会社

運輸郵便業

西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)、九州旅客鉄道株式会社(JR九州)、日本通運株式会社、佐川急便株式会社、羽田空港サービス株式会社、西日本高速道路パトロール関西株式会社

卸売業・小売業

株式会社ローソン、日清医療食品株式会社、ロクシタンジャポン株式会社、株式会社エディオン、株式会社三笑堂、株式会社ライフコーポレーション、尾家産業株式会社、株式会社ココカラファイン、株式会社セブン・イレブン・ジャパン、株式会社平和堂、アルフレッサ株式会社

金融業

株式会社三菱UFJ銀行、株式会社三井住友銀行、株式会社京都銀行、株式会社滋賀銀行、株式会社イオン銀行、京都中央信用金庫、京都北都信用金庫、福井信用金庫、明治安田生命保険相互会社、岩井コスモ証券株式会社

不動産業・物品賃貸業

株式会社共立メンテナンス、大東建託株式会社、株式会社ハウスドゥ、東急リバブル株式会社、三井住友トラスト不動産株式会社、住友不動産販売株式会社、株式会社福屋ホールディングス、株式会社ジェイ・エス・ビー

学術研究・専門・技術サービス業

株式会社サイネックス、株式会社グリムス、株式会社サニックス、株式会社ウィズソル

宿泊業・飲食サービス業

株式会社松屋フーズ、株式会社すかいらーくホールディングス、サトフードサービス株式会社、株式会社かに道楽、株式会社あきんどスシロー

生活関連サービス業、娯楽業

株式会社JTB、株式会社白洋舎、名阪近鉄旅行株式会社

教育・学習支援業

学校法人大阪物療大学、株式会社京進

医療・福祉

株式会社ファルコバイオシステムズ、武田病院グループ、社会福祉法人京都老人福祉協会(京都老人ホーム)

複合サービス業

日本郵便株式会社、京都生活協同組合、京都農業協同組合(JA京都)

サービス業

綜合警備保障株式会社、阪神高速パトロール株式会社、社団法人京都微生物研究所、パナソニックエコソリューションテクノサービス株式会社

公務

東京消防庁、京都中部広域消防組合消防本部、加古川市消防本部、姫路市消防局、警視庁、京都府警察本部、大阪府警察本部、自衛隊、亀岡市役所、吉野川市役所

関連リンク

教育ポリシーPOLICY

教育目的

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

このページの先頭へ