経営管理専攻 修士課程(MBA)

経営学研究科

Graduate School of Business Administration

京都太秦キャンパス

研究科長あいさつ

202106_eba_Dean.jpg
経営学研究科長 徳賀 芳弘

経営環境の変化に適応し、勝ち抜く力を身に付ける

経営学研究科では、経営学専攻の募集を止めて、経営管理専攻(ビジネススクール)のみの募集を行います。近年の激変する経営環境に対応できる経営者を育成するために、まずは科目を絞った経営の基礎をしっかりと身に付けてもらい、次のステップで、DX経営・ESG投資・ブランディングなどの先端的な経営学やイノベーティブな技術の開発・管理方法を修得してもらいます。

皆さんも自分の潜在力に賭けてみませんか。

研究科コンセプト

グローバルな視点から物事を考えて、様々な変化に対応できる経営人材を育成します。

国内外いずれでも能力を発揮できるクリエイティブでイノベーティブな経営者となるための素養を身につけます。

具体的には、既にデジタルトランスフォーメーション(DX)やメカトロニクスの新技術等の要素技術や応用分野に知見を持ち、エンジニアバックグラウンドのある社会人等に対しては、経営管理学の基礎を十分に身につけて企業経営全般に関わる意思決定と実行が担当できる経営人材へと養成し、文科系人材に対しては、今後のビジネスモデル構築、新商品・サービスの供給、社内資源の効率活用・業務運営に欠かすことのできないテクノロジーに関する正確な知見を身につけて、既成概念や古い経営手法にとらわれない企業変革に貢献できる人材へと養成します。

目指すキャリア

  • 企業における取締役兼トップ経営への参画
  • 新会社を設立する経営者
  • 起業家
  • 金融機関
  • 製造業
  • コンサルティング会社
  • 流通
  • 通信
  • SI(システムインテグレーション)

カリキュラム

経営学研究科経営管理専攻の養成する人材像及び目的を実現するために、必要な授業科目及び研究指導を体系的・組織的に実施する教育課程を編成する。 本専攻のカリキュラム・ポリシーは以下のとおりである。

  1. 授業科目を「コア科目」、「応用科目」及び「演習科目」の3 つに分け、体系的に編成された教育課程を1 年次から積み上げる形で履修できるようにする
  2. 研究指導教員(スーパーバイザー)の指導の下で、学部時代の専門が理系の場合、文系で経済経営の場合、及び文系のその他の場合に分けて、それぞれが経営管理専攻で開講される応用科目・演習科目をスムースに履修できるように、コア科目、既存の経済学研究科の開講科目、経済経営学部で開講されている科目の履修を促す
  3. 1 年生の段階から学位論文仮題目を設定し、論文審査の客観性・透明性の確保や研究水準の向上を図る観点から、本学教員や院生が参加可能な「中間報告会」、及び「最終試問試験」での報告と討論を義務化し、段階的指導を行う

コア科目

  • 経営戦略
  • ファイナンス
  • マーケティング
  • アカウンティング
  • 人的資源管理
  • アントレプレナーシップ
  • 技術管理
  • 経済学
  • データ解析

応用科目

  • DX経営戦略
  • リーダーシップ
  • 企業変革
  • グローバル経営
  • ブランドマネジメント
  • ESG論
  • M&A
  • 資産運用論
  • 国際財務報告
  • 国際金融
  • イノベーション
  • CSV
  • 税法概論
  • 企業改革税制
  • 税務会計
  • 実践簿記
  • 国際課税
  • 国際経済学
  • 財政学
  • 比較会社法

演習科目

研究指導

※経営学研究科 経営学専攻 修士課程は2022年度より募集停止します。


教育ポリシーPOLICY

教育目的

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学位論文審査基準

このページの先頭へ