高校生論文コンテスト2020 審査結果(経済経営学部)

2020年12月23日トピックス

経済経営学部 審査結果(速報)

この度、「京都先端科学大学 高校生論文コンテスト2020(経済経営学部)」を開催したところ、コロナ禍により制約の多い中にもかかわらず、昨年以上に多くの皆様からご応募いただきましたことに、深く感謝申し上げます。各地から276点のご応募をいただきました。これらについて本学教員により厳正な審査を行い、下記の通り各賞を決定いたしました。個人賞受賞者および学校賞受賞校には賞状と副賞を、また応募者全員に記念品をお贈りいたします。

(このコンテストの概要についてはこちらをご覧ください。)

◆最優秀賞◆

樋口 源(京都府立北桑田高等学校 1年) 
「人々のためにお金は使われる」(作品はこちら

◆優秀賞◆

鮎澤 佳希(山梨県立甲府東高等学校 3年)
「山梨の地域経済」

◆佳 作◆

花村 琉騎(愛知県立杏和高等学校 3年)
「特産物を用いた持続可能な社会へ~地元の名産「ぎんなん」の普及に向けて~」

黒川 颯太(京都学園高等学校 2年)
「国債の運用とその分配」

吉田 開(京都学園高等学校 2年)
「移住」

眞壁 鉄郎(京都府立北桑田高等学校 3年)
「ジビエ料理」

前後 音羽(東京都立国際高等学校 1年)
「これからの経済体制を考える」

◆特別賞◆

小山田 幸太(岡山学芸館高等学校 2年)
「若者の金融商品無知という問題を改められる社会をつくりたい~校内大規模アンケートからみえてきたこと~」

◆学校賞◆

京都府立北桑田高等学校 

京都学園高等学校 

講評は、第二報でお知らせします。

2020年12月21日
(論文コンテスト経済経営学部 実行委員 平田 謙輔)

前の記事へ

次の記事へ

一覧へ戻る

このページの先頭へ