工学部

機械電気システム工学科

機械電気システム工学科Department-of-Mechanical-and-Electrical-System-Engineering

京都太秦キャンパス

工学を通じ、自分と社会を学び、めざしたい道をつかむ4年間。

いちはやく実践の場で活躍できるプロフェッショナルをめざして。
1年生から手を動かす授業で、工学の面白さを発見。自分から考えて行動する「自立力」や「洞察力」を養いつつ、工学に使える数学や物理、英語力も修得します。
3・4年生では、企業のリアルな課題に向き合う授業を通して、自分のめざす分野を見つけだし、専門性を強化。幅広い専門領域は、どれも産業・社会と深くつながっており、工学の枠を超えたあらゆる場面で活躍の力となります。

課外授業においても専門教員によるきめ細やかな指導のもと、3Dプリンタを使ったコンペなどで学生たちの探求心を駆り立て、自ら考えて行動する「思考力」を育みます。

カタパルトコンテスト 特設ページ

ピンポン玉カタパルトの飛距離コンペの様子

Electronic Motor Technologies

例えばモータひとつとってみても、それらを支える基礎技術・応用技術だけでなく、さらなる進化を可能にする技術革新の手法など、様々な要素が密接につながりあっています。京都先端科学大学の工学部では、各領域のエキスパートが教員として授業やゼミ、プロジェクトを担当します。

illust.png

EXCLUSIVE

実践重視のカリキュラム
入学後すぐにロボット、マイコン応用システム、webアプリの創造に取り組みます。そこでモノづくりのおもしろさを体感します。自分がつくりたいものを創造するために必要となる力を系統的・計画的に学べるカリキュラムを設けます。制御工学、モータ工学、電池工学、パワーデバイス工学などの多彩な専門科目を、実習や実験、演習と組み合わせ、実践を通して理解を深められるようにします。

キャップストーンプロジェクト
身につけた知識や技能を統合し、学びの集大成として社会の具体的な課題の解決に取り組む「キャップストーンプロジェクト」。これが新設工学部での卒業研究の新しいかたち。企業から提示された問題の解決に取り組みます。企業がどのような使命を帯び、技術者に何を求めているのか、体験を通して学ぶことができます。4年生の準備として、3年生でもプレ・キャップストーンプロジェクトに取り組みます。

電子教材を活用した学び
専門的な科学技術計算ソフトウェアや多彩な電子教材を使い、たとえば数学の高度な計算や物理学のシミュレーションなどを誰でも行えるようにします。キャンパスでの授業、演習、実験はもちろん、自宅学習でも電子教材を有効活用して高度な学びに取り組めるようにし、専門的な力を効率的に養います。

実践型の英語プログラム
世界のエンジニア・研究者と協働できる人間力の土台として、工学部は英語力の養成を重視します。ベルリッツと連携した実践型英語プログラムを用意し、1・2年生で重点的に学習。そして、英語で開講される専門科目を受講することで英語力に磨きをかけ、卒業後に世界で働ける水準の英語力の養成を目標とします。


英語が苦手でも大丈夫!世界で活躍できるエンジニアへ

世界で活躍する力を 育む英語教育

グローバルに活躍する技術者の育成を目指し、工学部では630時間の英語教育を行います。この英語教育プログラムは、140年以上の歴史を持つ英会話スクール「Berlitz®」と連携し、「聞く」・「話す」・「読む」・「書く」授業に加え、工学の専門英語も学びます。レベルに応じてクラス編成されるので、無理なく確実に実践的な英語能力を身につけ、英語での専門科目でも適応できる力を養います。

ダイバーシティ豊かな環境の中で 国際感覚を身につける

工学部では段階的に留学生を増やし、グローバルで様々なバックグラウンドをもつ学生たちが、共に高め合える環境を準備しています。2020年度に入学する第一期生は日本人のみですが、2024年度には1学年の半数の100人の新入生が留学生になります。また、専門の教授陣も3分の1がイギリス、ドイツ、イタリア、トルコなどの海外出身。多様性ある環境で言語や考え方など様々な違いに触れ、国際感覚を身につけます。


新校舎完成で、 実践や協働環境が充実

ラーニング・コモンズなどの場で協働の力をはぐくむ

Engineering_image01.jpg

工学部棟には、広々としたラーニング・コモンズがあり、どこに座るかは毎日自由。

つまり、進行中のグループワークや課題に応じてまとまって座ることができます。

2021年度からは、留学生の入学受入も開始。

国籍の違いを超えてテーブルを囲み、さまざまな課題にチームで取り組みます。

個室の学生寮×使いたいときに使える「工房」

校舎と隣接する学生寮には、一人ひとりの個室が設けられます。

校舎内の4階には電気電子工房が、そして1階・地下には機械工房が設けられ、

学生はいつでも課題の試作や、ロボットコンテストなどに向けた創作に没頭できます。

使用する部品もほとんどを無料にする予定で、ひらめいたときにすぐ試作、何度も試作可能。

モノづくり好きにはたまらない環境で4年間を過ごすことができます。

Engineering_image02.jpg

機械工房

Engineering_image03.jpg

電気電子工房


教員の研究紹介

Engineering_image_oki.jpg
沖 一雄教授

無人飛行機UAVによる計測技術で農業を支援

正確な計測技術を活かし、人に代わって農作物の管理・対策を行えるシステムの開発を進めています。

計測に使用するのは、農作物に接近して状態を観察できる無人飛行機UAV。

いわゆるドローンで、可視カメラの他、近赤外カメラや熱赤外カメラを搭載しています。

農作物がどれくらい発育しているか、天候などによって収穫にどのような影響が出ているか、という観測を、いつでもどこでも可能にします。

これにより、経験のない人の農業への参画を促し、日本に数多くある耕作放棄地を再生させる仕組みを作ることが目標の一つです。

ABOUT

入学したら何を学ぶ?
学びの特徴をチェックしよう!

KUASの学びの特徴は学部共通科目、学科専門科目、大学共通科目に分かれており、実学を追求するKUASらしい豊富なカリキュラムを受講することができます。

学びの特徴はこちら

img_main.jpg

学科の基本情報はこちら

関連リンク