バイオ環境デザイン学科 [亀岡]

環境を守るエコ技術者・デザイナーをめざす。

公園の快適空間を設計。
環境を捉える視点の多様さを学習。

3年生の後期に受講した「ランドスケープデザイン実習」では、亀岡市の河原町公園の利用者増をめざす施策を考えました。私たちのグループは「第二の庭」をコンセプトに、大人も足を運びたくなる居心地のよい空間を設計して模型を作成。他のグループの発表も、「水」を利用した案や商業施設をつくる案などユニークで、環境を捉える視点はとても多様であることを改めて実感しました。今後は地域再生の視点から街の変化を調査し、観光資源のつくり方や守り方などについても踏み込んで研究したいと考えています。

バイオ環境学部 バイオ環境デザイン学科4年生
三浦 舞さん 大阪府・上宮高等学校出身

焼畑で里山林を再生し、農作物を生産。
人と自然が共生する環境をデザインします。

人の手が入ることで維持されてきた自然である「里山林」では、人と自然が共存しながら原生林とは異なる生態系が築かれてきました。ところが人々の暮らしが変わったことで、里山林の荒廃が進み、明るい環境を好む動植物が減少しています。私は「焼畑」に着目し、放置された里山林を一旦焼くことで森林の再生を促し、山地での農作物の生産に役立たせる研究に取り組んでいます。実際に滋賀県の余呉町で焼畑を実践し、赤カブを栽培。焼畑で収穫した赤カブは色も鮮やかで、地域のブランド商品に育てられればと考えています。このような人と自然が共生する環境のデザインも本学科の大切なテーマ。みなさんの創造力を多彩な研究活動に生かしてください。

バイオ環境学部 バイオ環境デザイン学科
鈴木 玲治教授

学科の特色

  1. 自然のしくみを学び、豊かな環境を保全・再生するための技術を学びます。
  2. 京都亀岡キャンパスの豊かな自然環境を利用した実習や研究に取り組みます。
  3. 社会と連携した、さまざまな環境にまつわるプロジェクトを展開しています。
  4. 大学院進学や理科教員をめざす人への支援など、資格・キャリア教育も充実しています。
  5. 理科の教員免許(中学校・高等学校)や、環境関係のさまざまな資格が取得できます。

こんな人におすすめ

  • 環境の保全や再生に
    興味がある
  • 豊かな自然を
    フィールドにして学びたい
  • 生物技術者や環境デザイナーをめざしている
  • 水質分析・環境管理技術者をめざしている
  • 理科教員・公務員をめざしている

カリキュラムと身に付く力

大学共通コア科目

4つの力を大学共通プログラムではぐくむイメージイラスト
基礎学力・技能
社会人として必要な日本語リテラシー、数的処理(統計含む)、IT技能について学びます。
コミュニケーション力・リーダーシップ・協調性
グループワークや身体活動を通じて、コミュニケーションなどのスキルについて学びます。
未来展望力
現代社会の諸問題をテーマごとに学際的に学びながら、未来を展望します。
英語・異文化理解
グローバルな社会で必要な外国語でのコミュニケーションや異文化理解について学びます。

専門プログラム

生物・環境調査コース

講義風景写真

生物や環境分野の基礎を学び、動植物・生態系や環境問題などに関する基本的な知識を身につけるとともに、専門科目の講義・野外実習やフィールドワークを重視した卒業研究で、野生生物の保全、里山の再生、環境教育などの現状と課題を主体的に学び、人と自然の調和した持続的な社会の実現に貢献する人を育てます。

得られる知識・能力
生物を分類する力
課題発見力
主体性と実行力
就職先・進路
環境コンサルタント、環境系NPO職員、森林組合・農業協同組合職員

水質・環境管理コース

講義風景写真

化学・生物・環境分野の基礎を学び、生態学や環境科学に関する基本的な知識・技能を身につけるとともに、専門科目の講義・実験と卒業研究を通じ、環境分析や水質管理に関する知識や技術を深め、水道・水産・農業・観光などの多面的な水利用と生態系保全を踏まえた環境をデザインできる総合的な視点を持った人を育てます。

得られる知識・能力
環境・水質を分析する力
計画性と実行力
論理的思考力
就職先・進路
環境分析関連会社、水質管理会社、水質浄化資材メーカー

造園・環境デザインコース

受講イメージ写真

生物や環境政策分野の基礎を学び、環境マネージメントに関する基本的な知識を身につけるとともに、ランドスケープエコロジーやランドスケープデザインなどの専門科目や卒業研究を通じ、社会で起こっている様々な環境問題を掘り起こし、その要因を多様な視点で分析できる力を養います。環境問題の解決策を社会に対して提案できるような人を育てます。

得られる知識・能力
課題発見力
マネジメント力
企画を提案する力
就職先・進路
造園コンサルタント、造園施工会社、土木建設会社、植物園

理科教員・公務員コース

受講イメージ写真

理科教員や公務員になるには、大学4年間に基本的な教養をどれだけ身につけたかが試されます。理科4教科をはじめとした基礎科目を通じ、理系の学部卒業に相当する基礎的な論理力・思考能力を育むなかで、主体的に学ぶ姿勢を身につけ、自ら学ぶことのできる人を育てます。

得られる知識・能力
理系の基礎的論理力
理系の基礎的思考能力
主体的に取り組む力
就職先・進路
中学校・高校理科教員、公務員、大学院進学

バイオ環境分野で役立つ4つの認定資格

バイオ環境デザイン学科は、大学卒業後に環境関連分野で活躍するための4つの認定資格を同時に取得できる日本で唯一の学科です。

  • 環境再生医初級

    街や地域の環境を診断し、必要な処方箋を書いて実行できる、街のお医者さんを目指します。

    環境再生医とは、町のお医者さんがみなさんの体を診断して治してくれるのと同じく、街や地域の環境を診断し、必要な処方箋を書き、実際に治療(環境再生)することができるエコ技術者のことです。
    自然環境の知識や地域の歴史・風土への理解などを裏付けとし、市民の立場から、分野を越えた協働の調整や推進を行うことを役割としています。

    ステップアップ:中級、上級

  • 樹木医補

    公園や庭、古木など樹木の診断と回復の技能を持ち、それを仕事として実施できます。

    樹木の診断及び治療、後継樹の保護育成並びに樹木保護に関する知識の普及及び指導を行う専門家です。
    樹木医補は、樹木医制度の充実を図るため、樹木学や病虫学などの基礎的な知識・技術を所定の大学等で習得した学生を対象に、樹木医資格取得への門戸を開くために設置されています。

    ステップアップ:樹木医

  • 自然再生士補

    植物を中心とした自然再生に関して、推進のための計画や技能を身に付けます。

    自然再生士とは、自然再生に必要な知識・技術・経験を有する、自然再生の推進者です。
    自然再生士には、自然再生に係る事業全体を把握し、調査・計画・設計・施工・管理の、各々の事業段階において行われるべき業務や活動において、これに係わる人々をコーディネートするとともに、自ら担当する自然再生を実行できる能力が求められます。

    ステップアップ:自然再生士

  • 地域調査士

    地域を総合的(自然、社会、人文など)に調査する知識と技能を身に付けます。教員免許状と同じで卒業すると取得できません。

    地域調査士とは、地域の総合科学である地理学をベースとし、地域調査の知識や技術を用いて地域の自然現象、社会現象、人文現象等を総合的とらえる調査能力を有する「地域調査の専門家」のことです。
    教員免許状と同じで、大学の所定の単位を取得することで付与される。卒業後、試験を受けることで取得できません。

    ステップアップ:専門地域調査士

その他、バイオ環境デザイン学科で取得可能な資格一覧

  • 生物分類技能検定
    • 4級と3級はバイオ館B4-1で実施
    • 4級試験は6月(日曜)、11月(日曜)の年2回実施
    • 3級試験は11月(日曜)実施
  • 環境社会検定(eco検定)
    • 試験は、7月(日曜)、12月(日曜)の年2回実施
  • ビオトープ管理士2級
    • 試験は、10月(日曜)実施

生物分類技能検定2級以上とビオトープ管理士2級以上は、環境省から有資格者として認定されます。

バイオ環境デザイン学科の研究室一覧

自然環境の保全・再生方法を探る。

ランドスケープデザイン研究室

食糧や水の供給、気候などの調節、癒し効果、物質の循環など、私たちは生態系からさまざまな恩恵を受けています。それらの原理に迫る「景観生態学」をもとに、持続可能な美しい「生物親和都市」の姿をデザインすることが本研究室の目的です。

水環境研究室

安全な飲み水の確保や良好な河川・海域環境の再生・保全について研究します。家庭や工場からの廃水の処理方法、生物による河川や湖の浄化作用の解明と促進など、さまざまな角度からのアプローチで、よりよい水環境を実現するための方法を考えます。

都市自然化研究室

都市や地方には、生物や私たちの暮らしについて、互いに関連しあった多くの課題が存在します。この研究室では、さまざまな地域が抱える実際の課題を知り、フィールドワークの計画と実行を繰り返すことで、地域再生の道筋を描くための方法論を学びます。

亀岡の里山の豊かな生態系を守る。

環境教育研究室

環境を守り、再生していくためには、「環境を大事にする」という意識を、より多くの人たちがあたりまえのように持つことが必要です。この研究室の目的は、環境問題に関心のある「人を育てる」こと。問題の本質をとらえ、解決や防止についての知識、技術、姿勢、意欲を持った人材を養う方法を考えるという視点から、環境問題に挑みます。

里山環境研究室

人の手が入った里山には、これまでの長い歴史の中で、原生林とは異なる豊かな生態系が作り出されてきました。しかし、近年の日本の社会構造の変化に伴い、里山の生態系は荒廃の一途をたどっています。この研究室では、里山をフィールドに動植物の生態や伝統的な暮らしを学び、その自然と文化的価値を現代に蘇らせる方法を探ります。

授業Pick up

都市自然化デザイン論
バイオ環境学部 バイオ環境デザイン学科 原 雄一特任教授

奈良公園の糞虫に迫る
ユニークなフィールドワーク。

「都市自然化デザイン論」では、都市と自然環境の調和について、フィールドワークを交えて学びます。2018年度のテーマは「奈良公園の糞虫調査」。シカの糞が多い奈良公園には、50種類以上の糞虫(コガネムシの仲間)が生息すると言われています。千数百頭のシカが生活し、1日に約1トンの糞をしているにもかかわらず、奈良公園では動物園のような臭いがほとんどしません。なぜでしょうか? それは、分解者である糞虫たちが活躍しているからです。ハエの発生も抑制され快適な公園環境を維持しています。糞虫たちはまた、糞に含まれる芝の種子をさまざまな場所に拡散させ、発芽した芝がシカの食事になります。こうした糞虫、シカ、芝の3者の生態系の循環を知れば、ピンセットでの糞虫採集にも熱が入ります。「えっ、そうなんだ!」という知的驚きを体験できるフィールドワークです。

Topics

自主研究の成果をポスターセッションで発表。

学生が各自の関心のあるテーマでフィールド調査などに取り組むのが2年生配当の「キャリアサポート実践講座」です。自由な調査・研究を通して「研究の進め方」を学び、思考力や行動力、コミュニケーション能力などのジェネリックスキル(どこでも役立つ力)の修得をめざします。調査内容は毎回の授業で報告。別のテーマに取り組む学生の意見も取り入れ、調査・研究に新しい発想を加えます。成果は1枚のポスターにまとめ、期末のポスター発表会で発表します。発表会には企業や自治体の方々も来場されるため、わかりやすく伝えるプレゼンテーションスキルを磨くことも重要です。学生間の投票で優秀な調査・研究を決定し、選ばれたテーマは全学での研究発表会で披露します。

理科教員をめざして切磋琢磨できる環境。

中学校や高等学校の理科の先生をめざす人が多いのも、バイオ環境デザイン学科の特徴で、本学の教職課程履修者の中でも本学科の学生は常に一定の割合を占めています。理科教育法を専門にし、学校現場での豊富な経験を持つ教員が、教職課程の指導を担当しています。「大好きな理科を子どもたちに教えたい」「理科の先生に憧れて」など、動機はさまざまですが、教職課程の履修者は放課後に自習室に集まって勉強会を開くなど、切磋琢磨できる環境で学習に励んでいます。亀岡の豊富な自然の中での栽培実習などを通し、生徒たちに実体験と結びついた学びを提供できる教員になりたいという気持ちが強まったという声も。座学だけでなく実践的な学びの中でも、あなたの理想の教員像を追求してください。

資格・就職

取得できる資格 *国家資格

  • 高等学校教諭一種免許状(理科)
  • 中学校教諭一種免許状(理科)
  • 小学校教諭一種免許状◎
  • 博物館学芸員*
  • 環境再生医初級
  • 樹木医補
  • 自然再生士補
  • 地域調査士

◎小学校の教員免許を取得する人は、中学校の教員免許を取得し、かつ他大学との協定による通信教育プログラムを受講する必要があります。

目標とする資格・検定試験 *国家資格

  • 環境計量士*
  • 公害防止管理者*
  • 環境社会検定試験(eco検定)
  • 生物分類技能検定3級
  • 森林インストラクター
  • ビオトープ管理士
  • 技術士補*
  • 森林情報士

卒業後の進路

アイテック株式会社、株式会社日吉、株式会社ユニバーサル園芸社宮内庁(造園)、大台ケ原ビジターセンター、株式会社トレード株式会社セントラルフルーツ、こと京都株式会社、株式会社西利日本電産シンポ株式会社、三洋化学工業株式会社、株式会社ニチイ学館大阪府教育委員会(理科教員)、神奈川県教育委員会(理科教員)滋賀県、大津市、亀岡市、JA京都、JA大阪北部、京都生活協同組合大学院進学

就職先業種別状況

主な進学・就職先(過去3年間)

■大学院進学/京都大学大学院、大阪大学大学院、名古屋市立大学大学院、、静岡大学大学院、広島大学大学院、宮崎大学大学院、島根大学大学院、兵庫教育大学大学院、奈良先端科学技術大学院大学、京都先端科学大学大学院
■農業・林業/農業生産法人グリーンエコスター株式会社、株式会社スプレッド、農業生産法人丹波村株式会社
■建設業/株式会社ダイキアクシス、タマホーム株式会社、鳳工業株式会社、株式会社 Kei’s、株式会社西村風晃園
■製造業/日本電産株式会社、扶桑薬品工業株式会社、コタ株式会社、ケンコーマヨネーズ株式会社、小城製薬株式会社、ナカライテスク株式会社、株式会社たねや、株式会社神戸屋、株式会社クロスエフェクト、奥野製薬工業株式会社、山﨑製パン株式会社、株式会社井筒八ッ橋本舗、カネ美食品株式会社、佐々木化学薬品株式会社、株式会社満月、株式会社亀屋良長、株式会社ユニクロ、シノブフーズ株式会社
■情報通信業/株式会社第一コンピュータリソース、株式会社医療情報システム、富士ソフト株式会社、ナビオコンピュータ株式会社
■運輸運便業/甲西陸運株式会社、都タクシー株式会社、コウノイケ・エアポートサービス株式会社
■卸売業・小売業/株式会社コスモス薬品、株式会社平和堂、株式会社クスリのアオキ、株式会社ライフコーポレーション、イオンリテール株式会社、株式会社良品計画、株式会社セントラルフルーツ、株式会社カインズ、日清医療食品株式会社、こと京都株式会社、ゲンキー株式会社、株式会社バローホールディングス、阪神調剤ホールディング株式会社、ダイドー株式会社、佐竹食品株式会社、株式会社万代、ダイドー株式会社、株式会社キリン堂、株式会社トーホー、伊丹産業株式会社、株式会社マツモト、株式会社サンドラッグ、サントリービバレッジサービス株式会社、株式会社サンディ、株式会社ココカラファインヘルスケア、皇漢堂製薬株式会社、株式会社ケーエスケー
■金融業/株式会社京都銀行、西村証券株式会社、株式会社ゆうちょ銀行、淡陽信用組合
■不動産業・物品賃貸業/株式会社高津商会、株式会社エリッツホールディングス、ワタキューセイモア株式会社
■学術研究・専門・技術サービス業/株式会社日吉、株式会社きんそく、リンパ球バンク株式会社、アイテック株式会社
■医療・福祉/独立行政法人大阪市民病院機構大阪市立総合医療センター、医療法人社団行陵会(京都大原記念病院グループ)
■複合サービス業/京都生活協同組合、福井県民生活協同組合(県民せいきょう)、グリーン近江農業協同組合(JAグリーン近江)、いしのまき農業協同組合(JAいしのまき)、みのり農業協同組合(JAみのり)、大阪北部農業協同組合(JA大阪北部)、豊橋農業協同組合(JA豊橋)、あかし農業協同組合(JAあかし)、めぐみの農業協同組合(JAめぐみの)、はが野農業協同組合(JAはが野)、福井県漁業共同組合連合会
■サービス業/日本郵政株式会社、株式会社アルプス技研、株式会社ソラスト、アイテック株式会社、綜合警備保障株式会社
■宿泊業・飲食サービス業/SRSホールディングス株式会社、株式会社マイステイズ・ホテル・マネジメント、株式会社近鉄・都ホテルズ(新・都ホテル)
■生活関連サービス業/株式会社アワーズ(アドベンチャーワールド)、出雲殿グループ、クリエイティブ・フラワー・コーポレーション株式会社
■教育・学習支援行/ 公益財団法人 育てる会、大阪府教育委員会、奈良県教育委員会、岡山県教育委員会、神奈川県教育委員会、京都府立丹波支援学校、京都大学付属図書館、吹田市教育委員会
■教育・学習支援行/公益財団法人 育てる会、大阪府教育委員会、奈良県教育委員会、岡山県教育委員会、神奈川県教育委員会、京都府立丹波支援学校、京都大学付属図書館、吹田市教育委員会
■公務/宮内庁、相楽中部消防組合消防本部、自衛隊

Newsお知らせ

バイオ環境デザイン学科の教育目的

農・森林環境、水環境、都市環境などの共生空間における生物多様性や物質循環とその景観に関する科学・技術に基づく環境デザイン力の養成を教育目的とする。学生は生態学的知識、環境分析技術、環境再生技術などを講義や実験、フィールド実習を通じて学び、人と自然の共生に貢献できる環境専門家やランドスケープデザイナーを目指す。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

バイオ環境デザイン学科は、環境、生物、水質、造園分野に関する実学的教育を通じて、グローバル化社会において自らの力で生き抜き、社会に貢献し続ける社会人の育成を教育の目的とします。

  1. 知識・理解
    • 1.1 環境、生物、水質、造園分野に関する知識体系を他領域の知識と関連づけながら修得し、変容するグローバル社会の諸問題を解決するために活用できる。
  2. 技能
    • 2.1 環境、生物、水質、造園分野に関する技術を実験・実習・フィールドワークを通じて修得し、それらの技術を用いて、必要な情報を収集し、活用できる。
    • 2.2 上記で収集した情報をまとめ、レポートや口頭発表を通じで他者に分かりやすく情報発信できる。また、外国語による簡単なコミュニケーション能力が身についている。
  3. 思考・判断・表現
    • 3.1 環境、生物、水質、造園分野に関して、修得した知識、技能ならびに経験を活かして、複眼的思考で自らの考えを論理的に組み立て、表現できる。
    • 3.2 上記分野に関して自らが主題を設定し、文献調査、フィールド調査、実験等で収集した情報に基づき、論理的・客観的・批判的な分析と考察ができる。
  4. 関心・意欲・態度
    • 4.1 環境、生物、水質、造園分野に関する学びを通じ、人間活動と環境の調和の重要性を意識しながら、変容するグローバル社会の諸問題に継続的に関心を示し、専門技能と変化に対応できる専門知識・教養で、その問題の解決のために粘り強く主体的に行動できる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

    • 教育課程編成
      • 1.1 大学共通コア科目およびバイオ環境デザイン分野からなる基礎科目、専門基礎科目を学修することによって、柔軟に思考し、多角的に事象を見て、的確な判断を下すことができる力を育成します。
      • 1.2 バイオ環境デザイン分野からなる専門基礎科目および専門科目(専門知識と専門技能)を学修させ、多角的に真理を探究する力を育成します。
      • 1.3 専門科目(専門知識と専門技能)を学修後、専攻演習・卒業研究を通じて、問題解決を導く力を育成し、人々の生活の向上と人間社会の発展に貢献しようとする姿勢を養成します。
    • 学修方法・学修過程
      • (学修方法)
        • 2.1 4年間の教育課程では、教養科目や専門科目を理論的に学修するだけでなく、実験・実習およびキャリア学修も連動させながら実践的かつ能動的に学修します。
      • (学修過程)
        • 2.2.1 基礎科目、専門基礎科目および専門科目としての実験・実習を通じて、コミュニケーション力、協働力、課題発見力やリーダーシップを育む学修を行います。
        • 2.2.2 1年次に自然科学に関する科目を通じて基礎知識を学修し、また「バイオ環境デザイン原論」において、将来の方向性を模索します。
        • 2.2.3 2年次以降、実験・実習科目を通じて、バイオ環境デザインの専門性を段階的に養います。
        • 2.2.4 4年次では、1年次から3年次までに学んだ知識と技術を基にして、卒業研究と専攻演習を行い、バイオ環境デザイン領域の発展に積極的に関与できる力を育む学修を行います。
        • 2.2.5 卒業研究や実践プロジェクト科目での地域との連携を通じて、社会の一員として、社会の課題の解決を図る力を育む学修を行います。
    • 学修成果の評価
      • 3.1 学修成果は、ディプロマ・ポリシーで定められた能力と、カリキュラムの各科目で設定される到達目標の達成度を示すものであり、食農学科のアセスメント・ポリシーに従って多様な方法で学修成果を評価します。
      • 3.2 各科目の内容、到達目標、および評価方法・基準をシラバスに示し、到達目標の達成度を評価します。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

本学科の教育目的に示した人材を育成するために、明確な目的意識と情熱を持ち、高等学校で履修した教科・科目について、基礎的な知識を有し、自分の考えを伝えられる日本語力、さまざまな課題に積極的に挑戦しようとする意欲、活動に積極的に取り組む姿勢、コミュニケーションを効果的に図り、相互理解に努めようとする態度を有する人を求めます。

  1. 知識・技能
    • 高等学校で履修する国語、英語、数学、理科などについての基礎的な知識を持つ。
  2. 思考力・判断力・表現力
    • 自然環境やその現象について考え判断する能力があり、自分の考えを表現できる。
  3. 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
    • 環境の保全や再生に強い興味・関心があり、主体的に学ぶ強い意欲を持つ。
    • 知識の修得と活用のために、多様な人々と協働して取り組める。

トップページ > 学部・学科 > バイオ環境学部 > バイオ環境デザイン学科 [亀岡]

入試に関するお問い合わせ

入学センター

Mail nyushi@kuas.ac.jp

Tel 075-406-9270

ページトップへ