3次元プリンタで作る カタパルトコンテスト 特設ページ

9/27 第2回カタパルトコンテストLIVE配信

当日こちらのページからライブ中継いたします。

sample_img05.jpg
これがカタパルト
大会名

第2回「3次元プリンタで遊ぼう:3次元構造設計・製作コンペ」

ライブ日時

2020年9月27日(日)13時~

種目

カテゴリー1 遠投競技
カテゴリー2 ストラックアウト

ライブ会場

京都先端科学大学南館1階 サイエンスプラザ

配信メディア

京都先端科学大学公式ユーチューブチャンネル

司会進行

田畑修先生(工学部長)

参加資格

本学工学部1年生

主催

工学部


カタパルトコンテストとは

3Dプリンタで製作したカタパルトでピンポン玉の飛距離や得点を競うコンペティションです。本大会の競技種目は、ピンポン玉の飛距離を競うカテゴリー1(遠投競技)と制限時間内にピンポン玉を的目掛けて放ち続け、獲得した総合得点を競うカテゴリー2(ストラックアウト)の2種類。限られた条件の中、学生たちが叡智を集結し製作したカタパルトで競う勝負の行方をぜひ、ライブ配信でお楽しみください。

カタパルト設計ルール

  • カタパルトの3Dプリント時間は7時間以内。
  • コンペ中に破損、動作不可の状態になった場合は失格。
  • 造形時間が7時間を超えた場合は減点。
    カテゴリー1(遠投)は記録から50cmマイナス。
    カテゴリー2(ストラックアウト)は50点減点。

学びのポイント

catapult - EC.jpg

定められた制約条件下で最高の性能を示すメカニズムを、材料力学、機械力学の観点から考案し、最適解を導き出す「想像力と実践力」を磨きます。

 

機械電気システム工学科のページはこちら


9/27 タイムテーブル

カテゴリー1 遠投競技

発射台から飛ばしたピンポン玉の飛距離を競います。

競技ルール:

  • ピンポン玉の発射は2回、その最長距離を記録とする。
  • 一定距離を超えた作品が複数ある場合は、決勝戦(1回発射)を行う。
  • 発射する前の保持状態で、80mm角をオーバーした場合は失格。
  • 保持状態で5秒間キープしたのち、発射。出来なかった場合は記録なし。

 

catapult-contest02.PNG

カテゴリー2 ストラックアウト

卓球台に置かれた的目掛けてピンポン玉を飛ばし、制限時間内に獲得した総合得点を競います。

競技ルール:

  • 制限時間は30秒。
  • 配点表は図の通り。
  • 解放状態で80mm角をオーバーした場合は失格。

catapult-contest03.jpg

catapult-contest04.JPG

第1回カタパルトコンテストの様子

関連リンク