GIP(海外企業留学)

kyotoxglobal.png

海外でビジネスを学び、語学力と国際感覚を磨く。 国際化の時代に対応できるビジネスパーソンへ。

グローバル・インターンシップ・プログラム(GIP:Global Internship Program)は、学生が在学中に東アジア地域の協定大学等で語学学習を行い、その後に現地の海外企業・海外進出企業に企業留学し、語学力の向上ならびに海外企業での実務をとおして、世界的(グローバル)な視野を持ち、社会で活躍できる人材を育成するための教育プログラムです。

現在の主な内容は、約2か月半中国・南通大学での中国語学習と中国を中心にした東アジアの経済社会の実態を学修した後、約2か月半中国企業・中国進出企業・団体に企業留学し、海外においてどのようにビジネスが展開されているか、身をもって体験します。

GIP.jpg

海外インターンを経験し、自分に自信が持てるように

GIP_img01.jpg
西川 大雅さん(経済経営学部 2020年度卒業生)
(小松大谷高等学校出身)

2019年3月から8月までの半年間、中国に滞在しました。最初の3カ月間の語学研修では、現地の学生の学ぶことに対する前向きな姿勢に刺激を受け、モチベーション高く学習に取り組むことができました。その後は上海市内の企業での実習に参加。社内プレゼンの機会を与えていただき、片言の中国語ながらも実習生として事業改善案を提案したり、工場で検品作業を行ったりと、慣れない環境の中、新鮮な気持ちで充実した時間を過ごすことができました。GIPに参加したことで、主体性をもって行動すること、粘り強くやり遂げることを学び、自分に自信が持てるようになりました。この経験を、将来に活かしていきたいと思います。

2022年度 「海外長期インターンシップ」(GIP:Global Internship Program) スタート!

20220609_GIP_image001.jpg
第2回オリエンテーション(3月25日)

2022年度のグローバル・インターンシップ・プログラム(GIP)は、コロナ禍により現地(中国)での留学・企業実習ができないため、一部授業をのぞくすべてのプログラムをオンラインで実施しています。今年度は経済学科3年生2名、経営学科3年生4名の計6名が参加し、2月から7月までの半年間、経済経営学部ならではの視点と専門性を活かした多彩なプログラムを実施しています。

【2022年度 GIPスケジュール】

2022年2月3日
第1回オリエンテーション(オンライン)
2022年2月8日~3月22日
事前学習:中国語学習(オンライン)
2022年3月25日
第2回オリエンテーション
2022年4月8日~5月24日
南通大学授業スタート(オンライン)「中国経済」「中国文化」
南通大学日本語学科生との交流セッション
2022年4月12日~5月31日
本学教員による事前学習
2022年6月
企業実習スタート
2022年7月下旬
企業実習終了
2022年10月
成果報告会

2月〜3月:中国語学習

GIP003.jpg

GIPでは南通大学(中国 江蘇省南通市)のオンライン授業と中国・上海に拠点を置く日系企業でのオンラインインターンシップを予定しています。そのための事前学習の一つとして、2月~3月の2か月間、中国語を学習しました。参加学生の半数以上が中国語は初めてということもあり、中国語独特の四声などの発音に苦労していましたが、「中国語で自己紹介ができるようになる」ことを目標に、発音、文法の基礎を重点的に学習しました。最終回では各学生が中国語で自己紹介を行い、約2か月の中国語学習を締め括りました。

20220609_GIP_image004.jpg

gip005a.jpg

中国語学習(オンライン)の様子

【中国語学習を終えて】 

  • 中国語は同じ音でも抑揚の違いで意味が変わってしまうためとても難しかったが、学習の過程はとても楽しかった。中国語学習を通して中国文化や中国人の価値観について話を聞くことができ、中国への理解も深まった。(経済学科3年生)
  • 中国語学習のまとめとして自己紹介文をPowerPointで発表したが、授業で学んだ文法を活かすことができ、達成感を感じることができた。(経営学科3年生)

     


4月〜5月:南通大学オンライン授業と交流セッション

4月から5月末まで、京都先端科学大学と中国の南通大学をオンラインでつなぎ、南通大学の先生方による「中国経済」と「中国文化」の2科目の講義を受講しました。

【中国経済】 

「一帯一路」や「電子商取引」「中国のイノベーション」などをキーワードに、中国経済の発展の歴史や現状について郭瑛先生に解説いただきました。授業は日本語で行われましたが、講義資料はすべて中国語で書かれているため、参考資料の事前の読み込みや復習は必須でした。学生は中国のオンライン授業アプリ(課堂派)を利用し、中国の視点からの解説に熱心に耳を傾けていました。

GIP007.jpg
「中国経済」授業の様子

【中国文化】

中国文化は、封小芹先生が講義を担当されました。本年5月に創立110周年を迎えた南通大学の歴史やキャンパス紹介、「春節」、「端午節」などの年中行事や、飲食、教育、結婚などの慣習について、幅広く解説いただきました。この講義が行われていた4月~5月は、新型コロナウイルス感染症再拡大のため、南通大学がある江蘇省南通市でもロックダウンの措置がとられており、毎週の授業を通して現地のリアルな情報をオンラインで見聞きできたことは貴重な経験になりました。最終授業では、参加した各学生が、南通大学日本語学科生にSNSを通じてインタビューした情報をもとに、「日中の教育事情」に関する発表を行いました。

GIP006.jpg
「中国文化」授業の様子
20220609_GIP_image008.jpg
「日中教育事情」の発表資料

【南通大学日本語学科生との交流セッション】

4月26日、5月10日、および5月17日の3回にわたり、京都先端科学大学GIP参加学生と、南通大学日本語学科生とのオンライン交流セッションを行いました。日中の大学生活やエンタメ文化、若者で流行しているものなどについて、両大学の代表が発表しました。また毎回のセッションでは、日中の学生が数人ずつオンライン上のブレイクアウトルームに分かれてディスカッションを行い、互いに日常生活や文化について積極的に意見を交換し、交流を深めました。

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
交流セッションの様子

【南通大学のオンライン授業を終えて】

  • 中国からの視点で中国の政策、経済を学ぶことができ、とても新鮮で興味深かった。(経営学科3年生)
  • 中国と日本の文化には相違点と類似点があり、とても面白い情報が多かった。(経営学科3年生)
  • 交流セッションを通して、お互いの国をリスペクトし、自分の価値観を確立することが大切だと学んだ。(経済学科3年生)
  • コロナ禍で中国には行けなかったが、同年代の中国人学生とオンラインで交流ができ、とても貴重な経験となった。(経営学科3年生)

(経済経営学部教授 GIP推進委員 山下勤)

GIPレポート

このページの先頭へ