南館

京都太秦キャンパス

南館についてAbout

southbldg-all.jpg

工学部新設に伴い、京都太秦キャンパスの南館となる工学部棟が竣工。

地上5階、地下1階建てで、学生がいつでも使用できる機械工房や電気電子工房の他、フリーアドレス制デスクが設置されたラーニングコモンズが2階から4階まで各階にあり、学生の開放的なコミュニケーションを促すように設計されています。

関連分野や研究領域、学年、国籍を越えた「工学」を共通項とするエンジニアの育成空間として、多くの機能を有する学舎です。

使いたいときにいつでも使える「工房」

photo_0644.jpg

校舎内の4階には電気電子工房が、そして1階・地下には機械工房が設けられ、学生はいつでも課題の試作や、ロボットコンテストなどに向けた創作に没頭できます。使用する部品もほとんどを無料にする予定なので、ひらめいたときにすぐ試作、何度も試作可能。モノづくり好きにはたまらない環境で4年間を過ごすことができます。

365日いつでも利用できる図書室を新設

photo_3976_工学図書室.jpg

南館西側4~5階に開設された南館図書室は機械工学専門書籍などを揃え、365日いつでも利用可能。

ラーニングコモンズで協働の力をはぐくむ

photo_4120LC2.jpg

広々としたラーニングコモンズがあり、どこに座るかは毎日自由。進行中のグループワークや課題に応じてまとまって座ることができます。2021年度からは、留学生の入学受入も開始。国籍の違いを超えてテーブルを囲み、さまざまな課題にチームで取り組みます。


南館外観・内観動画


概要情報Info

用途
大学・寄宿舎
敷地面積
約6,100㎡
延床面積
24,498.02㎡(校舎 21,193.19㎡、寄宿舎 3,304.83㎡)
館内施設
ラーニングコモンズ、図書室、工房、国際学生寮太秦A棟など
開設
2020年4月
高さ
28.89m (校舎5階、寄宿舎8階 70室)
工期
平成30年9月1日~令和2年1月31日(17ヵ月)

[参考]京都太秦キャンパス
敷地面積 32,542.97㎡
延床面積 北館10,546.54㎡ 東館5,965.99㎡ 西館7,458.58㎡
高さ 北館20m(4階)東館20m(4階)西館19.95m(4階) 


GALLERY

  • southbldg-all-evening.jpg
  • southbldg-labo.jpg
  • southbldg-workshop.jpg
  • southbldg-1stlobby.jpg
  • southbldg-1sthall.jpg
  • southbldg-learningcommons.jpg
  • southbldg-court.jpg
  • southbldg-lc02.jpg
  • southbldg-lc03.jpg
  • southbldg-library.jpg
  • southbldg-terrace01.jpg

アクセスAccess

住所

〒615-8577
京都府京都市右京区山ノ内五反田町18
TEL:075-406-7000(代表)

電車でのアクセス

京都市営地下鉄東西線 太秦天神川駅 下車徒歩3分
京福嵐山本線 嵐電天神川駅 下車徒歩5分

関連リンク

このページの先頭へ