京都先端科学大学

京都先端科学大学

Newsお知らせ

「京都先端科学大学」として初の入学式が挙行されました!

更新日:2019年4月5日(金)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年4月3日(水)に、「京都先端科学大学」に校名変更して初の入学式を京都市左京区のみやこめっせで執り行いました。
新元号に変わるという意味でも節目の年となった平成31年度の入学者は、学部生935名、大学院生10名。当日は、保護者、在学生他を含め合計3,000名の参加者となりました。
会場からすぐ近くの平安神宮でも桜が満開に近づき、絶好の入学式日和となりました。

nyugakushiki_20190403_02
nyugakushiki_20190403_01
nyugakushiki_20190403_03

関西フィルハーモニー管弦楽団の演奏に彩られ、午後1時に開式が宣言されました。
まずは前田正史学長が登壇。入学生への告辞を述べられました。※詳細はこちらのニュースをご覧ください
また、永守重信理事長による挨拶では、「京都先端科学大学の1期生として入学されたことは本当に素晴らしい。明るい未来を描き、頑張ってほしい」と熱いエールが送られました。

代替テキスト
学長告辞
代替テキスト
理事長挨拶

続いて、学部新入生と大学院新入生の代表による代表あいさつが行われ、入学後の抱負を力強く宣言しました。
閉式後、校名変更に合わせて完成した新大学歌や、各クラブの新ユニフォームもお披露目されました。