【国際オフィスニュース】ハワイ大学と学術交流協定を締結

2020年06月24日トピックス

京都先端科学大学は、このたび、米国・ハワイ大学マノア校と学術交流協定を締結いたしました。

本協定は、学生の交換、学術情報・資料の交換、共同研究体制の構築、合同会議の開催等の交流活動を通じ、両大学が教育・研究両面での連携を強化し、学生間、教職員間での相互理解を深化させることを目的としています。

1907年に設立されたハワイ大学は、ハワイ諸島にある3つの大学と7つのコミュニティカレッジで構成されており、その中で旗艦校にあたるのがオアフ島ホノルルにあるこのハワイ大学マノア校です。同校は、本年2020年のTimes Higher Educationによる世界大学ランキング(World University Rankings)250位内に選出された大学で、特に第二外国語教育研究、植物バイオテクノロジー、海洋学、天文学等の分野では、全米ランキング上位に入るトップレベルの大学です。

ハワイ大学は、本学のすべての学部に対応する学部を有しており、大学レベルで本学との活発な交流が行われることが期待されます。

https://manoa.hawaii.edu/

20200624_hawai01.jpg

20200624_hawai02.jpg

(国際オフィス 課長 岩田淳史)

前の記事へ

一覧へ戻る

このページの先頭へ